おならが傑作映画を生んだ!?『ユージュアル・サスペクツ』あの名シーンの秘話が明らかに!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
おならが傑作映画を生んだ!?『ユージュアル・サスペクツ』あの名シーンの秘話が明らかに!
YouTube

第68回アカデミー脚本賞を受賞したクライム・サスペンス映画『ユージュアル・サスペクツ』(1995年)。脚本を手がけたクリストファー・マッカリーが、同作のポスターにもなったあの有名なシーンの裏話を語り、超意外な理由で脚本上の問題が改善したと明かした!

本作は、マフィアの麻薬密輸船爆発事件をめぐり、5人の前科者の犯罪計画の顛末を描いた。第68回アカデミー脚本賞を受賞したほか、ケヴィン・スペイシーがアカデミー助演男優賞に輝いた。スペイシーのほかに、ガブリエル・バーンベニチオ・デル・トロスティーヴン・ボールドウィンケヴィン・ポラックチャズ・パルミンテリらが出演した。

マッカリーは、たびたびTwitterでファンと交流をはかり、丁寧に質問に答えている映画監督として知られる。そしてこのたび、『ユージュアル・サスペクツ』の名シーンの裏話を明かした。とあるファンが“5人の容疑者が並ぶ有名なシーンは本来、冷静に演じる場面だったものの、俳優たちがお互いに笑い合っていたため、その出来の良さを理由に映画に取り入れた”という噂の真相について尋ねると、マッカリーは次のように明かした。

とある俳優の“おなら”のおかげで脚本上の問題が解決‼︎

「正確には、俳優の1人が、あの非常に暑くて狭い場所でおならをしてしまったのです。私はそのアウトテイクを持っています。冷静に演じるように指示されればされるほど、彼らは笑っていました。編集のジョン・オットマンはその価値を認めて、残すことにしました。これで脚本上の大きな問題が解決しました。

私は常に、容疑者たちが絆を深めるシーンを入れるように求められていました。あの並ぶシーンが、絆を感じられるシーンになったのです。」とマッカリーは明かした。

同作DVDの特典映像では、共演者のポラックが、同シーンでは「デル・トロが12テイク連続でおならをした」と語っており、デル・トロは「誰かはわからないが、誰かがおならをしていた」とコメントしている。

同作以降、マッカリーはジョニー・デップ×アンジェリーナ・ジョリー主演映画『ツーリスト』(2010年)の脚本を手がけ、監督として『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015年)以降の『ミッション:インポッシブル』シリーズなどトム・クルーズとタッグを組んだアクション映画を多く手掛けている。

トム・クルーズ主演最新作『ミッション:インポッシブル7』は、2022年5月全米公開予定だ。日本公開日の発表を待ちたい!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ユージュアル・サスペクツ』

コカインの取引現場を何者かが襲撃し、密輸船が爆破して大量のコカインと9100万ドルが消えた。警察は唯一の生存者キントの尋問を始める。キントは、事件の黒幕は誰も顔を知らない大物ギャング、ソゼだと語り、彼がキートンら5人のワルを集めて襲撃させたというが……。

制作年: 1995
監督:
脚本:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • おならが傑作映画を生んだ!?『ユージュアル・サスペクツ』あの名シーンの秘話が明らかに!