猟奇殺人鬼ジグソウの残虐なゲームから抜け出せるか?「ソウ」シリーズのリブート作『スパイラル:フロム・ザ・ブック・オブ・ソウ』最新予告編が公開!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
猟奇殺人鬼ジグソウの残虐なゲームから抜け出せるか?「ソウ」シリーズのリブート作『スパイラル:フロム・ザ・ブック・オブ・ソウ』最新予告編が公開!
YouTube

クリス・ロックサミュエル・L・ジャクソンが殺人鬼ジグソウを追いつめる!『ソウ』シリーズ(2004年〜2010年)のリブート版映画『スパイラル:フロム・ザ・ブック・オブ・ソウ(原題)』の最新予告編が公開された。

殺人鬼ジグソウによって密室に閉じ込められた人々が生き残りをかけたゲームに挑む姿を描いた超人気ホラー映画『ソウ』シリーズ。本作の主人公エゼキエル・ジーク・バンクス刑事(クリス・ロック)は、尊敬するベテラン警察官である父マーカス(サミュエル・L・ジャクソン)や、新人警官の相棒ウィリアム(マックス・ミンゲラ)とともに、ニューヨーク市で頻発する殺人事件の捜査を始めた。しかし、知らず知らずのうちに深まる謎に閉じ込められたバンクス刑事は、殺人鬼ジグソウの恐ろしいゲームに足を踏み入れていることに気づき始めるのだった――。

この度公開された予告編は、バンクス刑事のもとに謎のボックスが届くシーンから始まる。『ジグソウ:ソウ・レガシー』を彷彿とさせる「PLAY ME」と血で書かれたUSBメモリのファイルを開くと、殺人鬼ジグソウのあの「スパイラル」が……。そして、残虐な殺人映像が流れ始めるのだった。一体誰がジグソウになりすましているのか? 事件に巻き込まれていくバンクス刑事は、ゲームから抜け出すことができるのか⁉︎

主演のロックは、原案と製作総指揮を兼任。監督は、『ソウ2』から『ソウ5』を手がけたダーレン・リン・バウズマン『ジグソウ:ソウ・レガシー』(2017年)のジョシュ・ストールバーグピーター・ゴールドフィンガーが脚本をつとめた。クリス・ロックサミュエル・L・ジャクソンをはじめ、『リバーデイル』シリーズ(2017年〜)のマリソル・ニコルズ『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013年)のナズニーン・コントラクター『ロスト・ガール』(2010年〜2016年)のK・C・コリンズらが出演。

『ソウ』の新境地!スプラッター映画からスリラー映画へと変貌

バウズマン監督が明かしたところによると、リブート版の本作は、同シリーズに比べ、キャラクターにもこだわり、シリアルキラーを追い詰めるスリラー映画のような一味違う作品に仕上がったという。

「クリスはスリラーのコンセプトを取り入れ、非常に精巧で緻密なアイデアを提案してくれた。デヴィッド・フィンチャー監督の『セブン』(1995年)のような雰囲気にしたかった。『ソウ』シリーズとは多くのつながりがあったよ。本作では、キャラクターや緊張感、そして恐怖がより重要になっているんだ。」と監督は語っている。

『スパイラル:フロム・ザ・ブック・オブ・ソウ』は、2021年5月全米公開予定。日本での公開日は未定だ。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 猟奇殺人鬼ジグソウの残虐なゲームから抜け出せるか?「ソウ」シリーズのリブート作『スパイラル:フロム・ザ・ブック・オブ・ソウ』最新予告編が公開!