庵野秀明 × 樋口真嗣『シン・ウルトラマン』特報映像とビジュアルが公開!意味深なキャッチコピーが話題に

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
庵野秀明 × 樋口真嗣『シン・ウルトラマン』特報映像とビジュアルが公開!意味深なキャッチコピーが話題に
YouTube

2019年に製作発表、庵野秀明樋口真嗣がタッグを組む『シン・ウルトラマン』。2021年1月29日に、同作の特報映像とビジュアルが公開された!

同作は2016年公開の『シン・ゴジラ』に引き続き「新世紀エヴァンゲリオン」(1995年)の庵野秀明『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(2015年)の樋口真嗣がタッグを組むことで話題となった作品。円谷プロダクションの手による「ウルトラマン」(1966年)の、元となるデザインを行った成田亨の絵画作品『真実と正義と美の化身』を現代の技術で実現することをコンセプトに掲げて製作が進められていた。

この度公開された特報映像では、警察やスーツ姿の出演者たちの緊迫感溢れる姿や、科学特捜隊と思しきロゴ、透明怪獣「ネロンガ」とウラン怪獣「ガボラ」、そして最後にゆっくりと立ち上がるウルトラマンの姿が描かれている。

最新ビジュアルでは出演者の鋭い目線、変身アイテムであるベーターカプセルとともに、「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」という意味深なキャッチコピーが目を引く。

出演には2019年の公開発表に出席した齋藤工、製作発表時に出演が明らかになった長澤まさみ西島秀俊のほか、有岡大貴早見あかり田中哲司らが名を連ねる。

『シン・ウルトラマン』は2021年初夏に全国公開。劇場のスクリーンに映し出されるウルトラマンの姿を目の当たりにするのが、今から待ちきれない!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 庵野秀明 × 樋口真嗣『シン・ウルトラマン』特報映像とビジュアルが公開!意味深なキャッチコピーが話題に