ドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトン、約20年ぶりの『ハリー・ポッターと賢者の石』鑑賞に感極まる!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
ドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトン、約20年ぶりの『ハリー・ポッターと賢者の石』鑑賞に感極まる!
Instagram

『ハリー・ポッター』シリーズ(2001年〜2011年)でドラコ・マルフォイを演じた俳優トム・フェルトン『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)を約20年ぶりに鑑賞し、その感動を語った!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Felton(@t22felton)がシェアした投稿

フェルトンはインスタグラムでライブ映像を配信し、ファン達がフェルトンの様子を見守る中、同作の冒頭11分11秒までの映像を鑑賞した。

映像の冒頭、「正直、全然観てなかったんだ。20年…か18年ぶりに観るんだよね!」と興奮気味に語るフェルトン。映画のタイトルテロップが流れた際には、フェルトンは両手で顔を覆い、感無量になる様子を見せた。ハリーが動物園の蛇を開放してしまうシーンでは「今見ても最高だね!」と話し、終始笑顔で観賞していた。映像の終盤には「あぁ、もう少しで11分11秒になってしまうよ!本当に面白いのに!ダニエル・“ロ”ドクリフもいい感じだ!」と、共演者の名前を噛むほど興奮気味に話すフェルトン。「よし、今回はここで終わりだ。初めての試みだったけど、どうだったかな? 面白かったならまたやろうかな! ごめん、誰かが正してくれているね、ロドクリフじゃなくて、ラドクリフだ。ダニエル・ラドクリフは最高だ! おやすみ、マグルたち」と締めくくった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Felton(@t22felton)がシェアした投稿

同作は、英作家J・K・ローリングの同名小説シリーズを初めて映画化した作品。原作ファンや批評家からも温かく受け入れられ、大ヒットを記録した。『ハリー・ポッター』から始まり『ファンタスティック・ビースト』シリーズに続く「魔法ワールド」シリーズは、「マーベル・シネマティック・ユニバース」『スター・ウォーズ』シリーズと並び、世界的に人気の映画シリーズとして知られる。

フェルトンはドラコ・マルフォイを演じ、シリーズ全作品に出演した数少ない俳優の一人。ドラコ・マルフォイは、傲慢で偏見に満ちたいじめっ子でハリーのライバルだったものの、最終作ではハリー達を裏切れず、脆くてとても繊細な一面を明かし、共感を呼んだ。今でもフェルトンが演じた代表的な役柄として知られている。

フェルトンのように、久しぶりにハリー・ポッターを観ながら過ごすのも、きっと楽しいに違いない!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Felton(@t22felton)がシェアした投稿

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • ドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトン、約20年ぶりの『ハリー・ポッターと賢者の石』鑑賞に感極まる!