ダニエル・ラドクリフが“ネット荒らし”!? 両腕に固定された2丁拳銃で大暴れの『ガンズ・アキンボ』公開決定!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
ダニエル・ラドクリフが“ネット荒らし”!? 両腕に固定された2丁拳銃で大暴れの『ガンズ・アキンボ』公開決定!!
『ガンズ・アキンボ』© 2019 Supernix UG (haftungsbeschränkt). All rights reserved.

『ハリー・ポッター』シリーズ(2001年〜2011年)、『スイス・アーミー・マン』(2016年)のダニエル・ラドクリフ主演最新作『ガンズ・アキンボ』が2021年2月よりTOHOシネマズ日比谷他全国公開されることが明らかになった。

ゲーム会社のプログラマーのマイルズ(ダニエル・ラドクリフ)は、ネット掲示板や動画配信サイトのコメント欄に過激な書き込みをする“ネット荒らし”で日々の鬱憤を晴らしていた。ある日、街中で人が殺し合いをするデスゲームを生配信する「スキズム」という人気の闇サイトで攻撃的な書き込みをし、運営を激怒させてしまう。闇の組織に襲撃され、マイルズが目を覚ますと両手に拳銃がボルトで固定されていた!さらに「スキズム」に参加し凶悪な殺し屋ニックスと戦って24時間以内に勝てと命令される。別れた彼女も人質にとられてしまい、逃げ場なし‼︎ マイルズは、2丁拳銃(=アキンボ)を武器にこの無理ゲーを攻略し、彼女を救うことができるのか!?

View this post on Instagram

New art 🔫😐🔫 Thoughts?

A post shared by GUNS AKIMBO (@gunsakimbomovie) on

『キック・アス』×『デッドプール』を掛かけ合わせた痛快アクション!

『キック・アス』(2010年〜2013年)と『デッドプール』(2016年〜)をかけ合わせたような痛快アクションコメディといわれる本作で、主人公の冴えないオタク・マイルズをラドクリフが演じる。殺し合いを生配信する「スキズム」で大人気の殺し屋ニックスを演じるのは、全米大ヒットを記録した花嫁と親戚一同がバトルロイヤルを繰り広げる『レディ・オア・ノット』(2019年)で主役をつとめたサマラ・ウィーヴィング。ほかにも、ネッド・デネヒーナターシャ・リュー・ボルディッゾリス・ダービーらが出演する。

View this post on Instagram

Tiff screening of #GunsAkimbo

A post shared by Samara Weaving (@samweaving) on

『アベンジャーズ』(2012年)や『ホビット』シリーズ(2012年〜2014年)の特殊効果を手掛けたジェイソン・レイ・ハウデンが監督をつとめる。製作総指揮を『海底47m』(2017年)のウィル・クラーク『ワイルド・ブレイブ』(2018年)のビル・ブロミリーらがつとめる。

View this post on Instagram

That’s a wrap on Akimbo!

A post shared by Samara Weaving (@samweaving) on

さまざまな役柄に挑むラドクリフ、ハリーへの対抗ではないと明かす!

ハリー・ポッター以降、『ホーンズ 容疑者と告白の角』(2013年)では突然角が生えた男を演じたり、『スイス・アーミー・マン』では孤独な青年を助ける便利(⁉︎)な死体役を演じたりと、さまざまな役柄に果敢に挑戦しているラドクリフ。本作の海外版予告編を観ていても、ボクサーパンツ姿を披露したりと、明らかにあの頃演じたハリーとは大違いだ。ハリーを演じた反動なのでは……という世間の声に対し、ハリーを決して忘れてほしいわけではないことをラドクリフは明かしている。

「誰もが、僕が参加する映画はすべて、昔演じてきた映画の反動だと思いたがるんだ。でも、実際はそうじゃない。僕がハリー・ポッターを演じたことを忘れてほしくはないんだ。それは大好きな思い出で、人生の中で最も愛した10年間だった。今は、映画を作るためにハリー・ポッターを殺す必要はないと思っている。シリーズが僕にもたらしてくれたことを、ずっと大切に思っているよ。」と米SYFY WIREに語っている。

また、今まで自身が演じてきた作品と本作のテイストが似ていることも明かす。

「本作や『ホーンズ 容疑者と告白の角』、そして『スイス・アーミー・マン』では、奇妙な魔法と現実主義が混じった現代のおとぎ話のようなものだと思っている。ファンタジーと現実の融合は、遊び心があってとても楽しいものだと思う。今後、すべての映画でボクサーパンツとスリッパ、ガウンを着ていられるなら、僕はとても幸せだよ!(笑)」とラドクリフは語った。

ネットでは攻撃的な冴えないオタク・マイルズは無事に元カノを救い出すことはできるのか⁉︎
『ガンズ・アキンボ』は2021年2月よりTOHOシネマズ日比谷他にて全国公開。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ガンズ・アキンボ』

ゲーム会社のプログラマー、マイルズはネットの掲示板やコメント欄に過激な書き込みをする“ネット荒らし”をすることで仕事の憂さ晴らしをしていた。ある日マイルズは、街を舞台に殺し合いをさせ、それを視聴する人気の闇サイト「スキズム」でいつものように攻撃的なコメントを書き込みまくっていた。しかし、この目に余る荒らしに対し、サイトを管理する闇の組織のボス、リクターが激怒。IPアドレスからマイルズの住所を特定し、マイルズを麻酔で気絶させる。目を覚ましたマイルズは意識が朦朧とする中で驚愕する。両手にボルトで拳銃が固定されていたのだー。さらにリクターはマイルズの元彼女を拉致し、「スキズム」で最強の殺し屋ニックスと戦い、勝てたら解放すると条件を突きつける。ゲームの中でしか銃を撃った経験がないマイルズは2丁拳銃(=アキンボ)を武器にこの無理ゲーな殺し合いで生き残り、タイムリミット24時間以内にニックスを倒し、元カノを無事に救出できるのかー!?

制作年: 2019
監督:
脚本:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • ダニエル・ラドクリフが“ネット荒らし”!? 両腕に固定された2丁拳銃で大暴れの『ガンズ・アキンボ』公開決定!!