『ザ・スーサイド・スクワッド』『ワンダーウーマン 1984』『シャザム!』DCファンドームで明かされた最新情報!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『ザ・スーサイド・スクワッド』『ワンダーウーマン 1984』『シャザム!』DCファンドームで明かされた最新情報!
『ザ・スーサイド・スクワッド(原題)』© Warner Bros. Entertainment, Inc.

“DC 史上最大のお祭り” DC ファンドームが、日本時間2020年8月23日(日)に開催された。

ファン待望の『ザ・スーサイド・スクワッド』のキャスト発表&メイキング映像や『ワンダーウーマン 1984』の新予告編、『シャザム!』の続編最新作のタイトルが明らかになった。

「DC ファンドーム」© Warner Bros. Entertainment, Inc.

『ザ・スーサイド・スクワッド』のキャスト発表&メイキング映像公開!

『スーサイド・スクワッド』(2016年)の続編『ザ・スーサイド・スクワッド(原題)』のキャストが発表され、メイキング映像があわせて公開された。

公開された映像は、アメコミ風のキャスト紹介。マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン)、ヴィオラ・デイヴィス(アマンダ・ウォラー)、ジョエル・キナマン(リック・フラッグ)、マイケル・ルーカー(サヴァント)、フルーラ・ボルク(ジャベリン)、デヴィッド・ダストマルチャン(ポルカ・ドット・マン)、ダニエラ・メルシオール(ラットキャッチャー2役)、イドリス・エルバ(ブラッドスポート)、スティーヴ・エイジー(キングシャーク)、メイリン・ン(モンガル)、ピーター・キャパルディ(シンカー)、ピート・デヴィッドソン(ブラックガード)、ネイサン・フィリオン(TDK)、ショーン・ガン(イタチ)、ジェイ・コートニー(キャプテン・ブーメラン)、ジョン・シナ(ピースメーカー)らが出演することが明らかになった。

また、本作のメイキング映像が公開され、キャストがスタントに臨む撮影風景が公開されている。

監督のジェームズ・ガンは映像の中で、「今まで監督してきた映画の中で、一番ビッグな映画を作ったよ! 今までで一番素晴らしくて、興奮した!」と語っている。『ザ・スーサイド・スクワッド(原題)』は2021年に全米公開予定。

『ワンダーウーマン 1984』の新たな予告編が公開!

いよいよ2020年10月9日(金)に公開がせまる『ワンダーウーマン 1984』の新たな予告編が公開された。

公開された予告編では、ワンダーウーマンを演じるガル・ガドットがバーバラ・ミネルヴァ/チーターを演じる『ゴーストバスターズ』(2016年)のクリステン・ウィグと戦う姿が映し出されている。

『ワンダーウーマン』(2017年)の続編にあたる本作は、ガル・ガドット、クリステン・ウィグをはじめ、『スター・トレック』シリーズ(2009年〜2016年)のクリス・パイン、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017年)のペドロ・パスカルらが出演する。

また、キャスト陣がトークセッションに登場。ゲストとして、テレビドラマ「ワンダーウーマン」(1975年〜1979年)で元祖ワンダーウーマンを演じたリンダ・カーターと、テニスプレイヤーのビーナス・ウィリアムズが登場。ウィリアムズから「ワンダーウーマンとチーターがテニスをしたら、どちらが勝つと思う?」と聞かれ、ウィグが「チーターが勝つと思うわ。」と答えると「同意はできないわね。」とガドットは納得できない様子を見せた。ウィグが「それじゃあ、コートで会いましょう」と答え、笑いを誘う一幕があった。

『シャザム!』の続編のタイトルが発表!

『シャザム!』(2019年)の続編最新作のタイトルが『シャザム! フューリー・オブ・ザ・ゴッズ(原題)』であることが発表された。

監督のデヴィッド・F・サンドバーグ「タイトルが決まったんだ。『シャザム! フューリー・オブ・ザ・ゴッズ(原題)』だよ! なんの神々のことかって? 何で彼らは怒ってるんだ? イエス(気になるよね)!」と興奮気味にツイートしていた。『シャザム! フューリー・オブ・ザ・ゴッズ(原題)』は2022年全米公開予定。

DCファンドームでは他にも『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットや『ブラックアダム(原題)』、『ザ・バットマン』などの気になる最新情報も明らかになっている。詳細については下記よりご確認いただきたい!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『ザ・スーサイド・スクワッド』『ワンダーウーマン 1984』『シャザム!』DCファンドームで明かされた最新情報!