ジョーカーがハーレイ・クインたちと直接対決していた⁉ 『スーサイド・スクワッド』お蔵入りシーンを監督が明かす!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
ジョーカーがハーレイ・クインたちと直接対決していた⁉ 『スーサイド・スクワッド』お蔵入りシーンを監督が明かす!
Instagram

『スーサイド・スクワッド』(2016年)のデヴィッド・エアー監督が自身のInstagramのストーリーに、ジョーカーを演じた俳優ジャレッド・レトの写真と、カットしたシーンの脚本をあわせて投稿し、あわせて投稿し、ジョーカーとヴィラン(悪役)で結成された特殊部隊「スーサイド・スクワッド」の対決シーンを本編からカットしていたことを明かした。

脚本を見たファンの「そのシーンは実際に撮影されていたの?」という問いに対してエアーは、「そうだよ、撮影して編集もしたんだ。君たちに披露することは叶わなかったけどね、友よ。」と回答している。

このカットされたシーンでは、邪悪な古代の魔女・エンチャントレス(カーラ・デルヴィーニュ)とジョーカーが手を組み、ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)、デッドショット(ウィル・スミス)ら「スーサイド・スクワッド」と戦う様子が描かれていたという。

View this post on Instagram

💚🐍🍏

A post shared by JARED LETO (@jaredleto) on

『ダークナイト』(2008年)でのヒース・レジャーの好演もあり、特に人気を博していたジョーカーが本作に登場するということについては、公開前から際立って宣伝されていた。だが、実際にはジョーカーは10分ほどしか出演していておらず、ファンと批評家の間からは賛否両論の声が上がっていた。
エアーは、今回明かされたカットされたシーン以外にも、多くのシーンがお蔵入りになっているとたびたび明かしている。

過去に「レトが不当な扱いを受けたと考えている」と述べたこともあり、『スーサイド・スクワッド』においてジョーカーは、実際に公開されたバージョンよりも大きな役割を担っていたことをほのめかしている。

監督やファンの声により、カットされたシーンが明らかになる日は来るのか? 今後の動向に注目したい。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『スーサイド・スクワッド』

DCコミックスのヴィラン(悪役)勢ぞろいで贈る痛快アクション。寄せ集めのヴィラン軍団が、悪の力で世界崩壊の危機に立ち向かう。

迫りくる世界崩壊の危機を前に、政府はある決断を下した。バットマンやスーパーマンによって捕えられ、死刑や終身刑となった悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成するのだ。邪悪なヒロイン、ハーレイ・クインら強烈な個性の寄せ集めチームは世界を救えるのか?

制作年: 2016
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • ジョーカーがハーレイ・クインたちと直接対決していた⁉ 『スーサイド・スクワッド』お蔵入りシーンを監督が明かす!