『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4 の撮影中断の影響は? 本シリーズの生みの親“ザ・ダファー・ブラザーズ”が語る!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4 の撮影中断の影響は? 本シリーズの生みの親“ザ・ダファー・ブラザーズ”が語る!
YouTube

大ヒット配信中のNetflixオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(2016年〜)。気になるシーズン4の製作は現時点で一時中断中だが、製作・監督・脚本を担当するマットとロスの“ザ・ダファー・ブラザーズ”が、その結末や、大物ゲストが登場することなど、米Deadline誌のビデオインタビューで語っている。

シーズン4では大物ゲストが登場⁉︎

「今年は何人かすごい役者が登場する。そして、彼らのために役を作って、彼らがやりたいかどうか検討してもらって、実際に演じてもらうっていう、面白い方法を採用しているんだ。過去には実際に、シーズン2(2017年)でポール・ライザー、ショーン・アスティンとその手法で仕事しているよ。僕らの大好きな俳優で、映画やテレビでずっと見ながら育ってきた、そんな人たちとこのアイデアで仕事するなんて、不思議なことだよね。」

シーズン3(2019年)ではゲストとして、『ソウ』(2004年)のケイリー・エルウィズや、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019年)のマヤ・ホークが登場している。一体シーズン4では、どんな大物俳優に声をかけているのか? とても気になるところだ。

シーズン4のエンディングはもう決まっている!?

“ザ・ダファー・ブラザーズ”は「僕たちは、かなり前にエンディングを決めていたんだ。正直なところ、新シーズンがシーズン1(2016年)を超えられるのかどうかわからなかった。ひとつの作品として完成しているシーズン1のアイデアがとても気に入っているからね。でも、シーズン4のアイデアは、シーズン1の出来栄えを上回る可能性を持っていると思った。実際に上回るためにはどの方向に向かえばいいのかアイデアを考えていたときに、 思い描くエンディングが見つかったってことさ。」と語っている。アイデアを煮詰めることには興味がないという彼ら。自身が作品に飽きてしまえば、視聴者も飽きてしまうと考えているそうだ。

子役たちの成長も利用しちゃう⁉

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』には若い子役たちが登場するが、製作中断期間も成長することで影響は出ないのか?  という点については次のように語っている。

「今は製作を中断しなきゃいけなくて、とてもストレスを感じるよ。でも、彼らの成長も、ストーリーを語る上でうまいこと利用しようと思ってるんだ。」

シーズン4の大半の撮影は終わっており、製作再開後の撮影はほとんどないことも示唆しているが、子役たちの予期せぬ変化に考慮して、台本を調整する必要があると語った。

View this post on Instagram

vibe check

A post shared by Stranger Things (@strangerthingstv) on

現在のところ、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4は2021年に配信予定。“ザ・ダファー・ブラザーズ” のアイデアが、中断を経てどのように進化したのか? このインタビューを踏まえて作品に触れると、より楽しめるに違いない!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4 の撮影中断の影響は? 本シリーズの生みの親“ザ・ダファー・ブラザーズ”が語る!