「ミニシアターを救いたい」届け!みんなの想い #SaveTheCinema プロジェクト発足

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
「ミニシアターを救いたい」届け!みんなの想い #SaveTheCinema プロジェクト発足
写真AC

新型コロナウイルス感染拡大によって大きな打撃を受けている小規模映画館(ミニシアター)を救うべく、『#SaveTheCinema 「ミニシアターを救え!」プロジェクト』が2020年4月6日発足した。

「現在、新型コロナウイルスによる影響は、芸術文化の一翼を担う映画の企画、制作、配給、上映などに関わるすべての映画人にも甚大な被害を与えています。とりわけ、映画文化の多様性を担うインディペンデントの小規模映画館(ミニシアター)は存続の危機を迎えており、私たちは大きな危機感を抱いています。」とし、日本政府に対して、映画館の集客減少による損失の補填を求める旨の要望書が作成された。

プロジェクト主催者は今後について「署名集め、政府への要望書提出、クラウドファンディングなどを活用した具体的な施策を断続的に実施していく予定です。またすでにスタート準備に入っている『ミニシアター・エイド基金』とも連携し、この困難な状況を打開すべく総力をあげて活動してまいります」とのことだ。

『寝ても覚めても』(2018年)の濱口竜介監督、『淵に立つ』(2016年)の深田晃司監督が発起人となったミニシアター・エイド基金は、現在クラウドファンディングサイトの準備中としている。順次SNSで公開される予定。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 「ミニシアターを救いたい」届け!みんなの想い #SaveTheCinema プロジェクト発足