稲垣吾郎が大久保利通に⁉︎『海辺の映画館-キネマの玉手箱』4月10日全国公開決定&場面カット公開!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
稲垣吾郎が大久保利通に⁉︎『海辺の映画館-キネマの玉手箱』4月10日全国公開決定&場面カット公開!
『海辺の映画館-キネマの玉手箱』©2020「海辺の映画館—キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

稲垣吾郎、武田鉄矢、村田雄浩出演の大林宣彦監督最新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』 が2020年4月10日(金)よりTOHO シネマズシャンテほか全国公開することが決定した。

本作は、尾道の海辺にある唯一の映画館・瀬戸内キネマで、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行を観ていた若者3人が、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープを果たし、戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へと時代を駆け巡っていくというストーリー。

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』©2020「海辺の映画館—キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

このたび公開された場面カットでは、幕末維新に倒幕に奮闘した大久保利通(稲垣吾郎)、坂本龍馬(武田鉄矢)、 西郷隆盛(村田雄浩)が一同に会して、日本の行末について談笑するシーンが切り取られている。稲垣演じる大久保利通の特徴ともいえる立派なヒゲが印象的だ。坂本龍馬を幾度も演じてきた武田鉄矢は、本作で人生最後の「龍馬」役と断言している。

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』©2020「海辺の映画館—キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

稲垣は「時空を超え、思想を超え、宇宙をも一気にとび超えていく世界観。大林監督でなければ 1 本の作品に納めることは不可能だったと思います。みずみずしく自由に広がる想像力には驚かされるばかりです 。大切なメッセージを届けてくださり、ありがとうございます。」とコメント。

戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で展開していくというまさに“キネマの玉手箱”となっている本作、大林監督の世界観が織りなすファンタジーを見逃せない!

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』は2020年4月10日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』

尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎えた。最終日は、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行。そこで映画を観ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へ——。そこで出会ったのは移動劇団「桜隊」だった。
「桜隊」を救うため、3人の男たちは運命を変えようと奔走するのだが……!?
大林宣彦監督が、20年振りに「尾道」へ還ってきた。尾道にある海辺の映画館を舞台にした最新作は、まさに“キネマの玉手箱”!物語は、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で展開していく。生のエネルギーに溢れた誰も体験したことがないエンタテインメントが、幕を開ける!

制作年: 2020
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 稲垣吾郎が大久保利通に⁉︎『海辺の映画館-キネマの玉手箱』4月10日全国公開決定&場面カット公開!