三谷幸喜×香取慎吾の最強タッグドラマがAmazon Primeに2020年秋登場!『誰かが、見ている』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
三谷幸喜×香取慎吾の最強タッグドラマがAmazon Primeに2020年秋登場!『誰かが、見ている』
『誰かが、見ている』©︎ Amazon

Amazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』を、2020年秋にAmazon Prime Videoにて、プライム会員向けに独占配信することが決定した。

主演を演じるのは、三谷作品に多数出演している香取慎吾。監督・脚本をつとめるのは、『THE 有頂天ホテル』(2005年)、『記憶にございません!』(2019年)を手掛けた、日本の喜劇王・三谷幸喜。

本作は、三谷幸喜ならではの洒落た会話や、思いがけない仕掛けの数々が展開されるコメディドラマ。今までに個性的なキャラクターを演じてきた香取慎吾がそれに応えている。そして本作の特徴は、『フレンズ』や『フルハウス』など海外ドラマでも親しまれているシットコム(シチュエーション・コメディ)形式ということだ。

初回収録を終えた香取は、「三谷さんとまたお仕事ができて本当に楽しかったです。難しいことへの挑戦でもありましたが、いつも現場は笑いに包まれていました。“どこから見ても、どこを見ても面白い、それがシットコムだ”と三谷さんが教えてくださったとおりの作品になっていると思います。Amazon Prime Videoで配信されるので、誰もが観たい時に観られるのはもちろんのこと、ぜひ皆さんに繰り返し何度でも見ていただき、笑顔になっていただけたら僕もうれしいです。」とコメント。

三谷は、「今まで僕の作品では“周りに振り回される香取慎吾”が多かったですが、今回は香取さんの方がみんなを振り回していくパターン。」とコメントしている。

Amazonでの日本オリジナルドラマシリーズの第一弾とあって、どのような三谷幸喜ワールドが待ち受けているのか、期待せずにはいられない!

Amazon Original 新ドラマシリーズ『誰かが、見ている』は2020年秋よりAmazon Prime Videoにて独占配信

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 三谷幸喜×香取慎吾の最強タッグドラマがAmazon Primeに2020年秋登場!『誰かが、見ている』