伝説のバンド、ザ・スミスはいかにして生まれたのか?『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』は“めんどくさいカリスマ”の若かりし姿を描く非公認伝記映画

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:久保憲司
伝説のバンド、ザ・スミスはいかにして生まれたのか?『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』は“めんどくさいカリスマ”の若かりし姿を描く非公認伝記映画
『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』© 2017 ESSOLDO PICTURES LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.
1987年に解散した伝説のバンド、ザ・スミスのクセが強すぎる元フロントマン、モリッシーの若かりし姿を描く本作が2019年5月31日(金)から公開! 今もその言動が物議を醸す“めんどくさいカリスマ”ことモリッシーの非公認伝記映画を、フォトグラファー、ライターの久保憲司さんはどう観たのか。

モリッシーとはなんぞや? に深く踏み込んだ作品

『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』© 2017 ESSOLDO PICTURES LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

以前<『ボヘミアン・ラプソディ』だけじゃない、絶対泣ける音楽映画5本>というコラムを書かせてもらいましたが、そこにもう一本追加できる映画が出来ました。伝説のイギリスのロック・バンド、ザ・スミスのヴォーカル、モリッシーがモリッシーとなるまでを描いた映画です。

『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』© 2017 ESSOLDO PICTURES LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』は、“絶対泣ける音楽映画5本”の中のジョン・レノンの伝記映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(2009年)と同じ手法で描かれた作品。モリッシーとはなんぞや? まで、深く踏み込んで作られているんです。この映画はモリッシーから許可をもらっていないので、ザ・スミスの楽曲は一切使われていないのですが、観ていると「そうそう、これがザ・スミスだ、モリッシーなんだよ」と納得しながらグイグイ見入ってしまうのです。

『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』© 2017 ESSOLDO PICTURES LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

映画の中ではモリッシーがザ・スミスを結成する前に参加した「ノーズブリード」というバンドのライブ演奏が行われるんですが、それがザ・スミスそのもの。モリッシーの参加したノーズブリードの音源は一切出回ってないものの、この映画で作られた音を聴けば、モリッシーがシャングリラズなどのオールディーズを使って、新しい音を作ろうとしていたあの感じが手に取るように分かるのです。

ジョニー・マーとの関係性、モリッシーの批評家気質

『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』© 2017 ESSOLDO PICTURES LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

モリッシーは元相方のジョニー・マーがいないとダメだと言う人が多いですが、モリッシーは自分がどんな音楽をやりたいのか明確にわかっていた人というか、批評家なんです。映画の中でもちゃんと描かれていますが、元々はアーティストになるというより、音楽評論家になりたかった人なので(もちろん本当は小説家になりたかったんでしょうけど、そのステップ・アップのためにまずは音楽評論家にでもなってやるかという上から目線の人)、音楽をどう組み合わせたら最高の音楽ができるか分かっている人なのです。楽器は一切できないですけど。

『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』© 2017 ESSOLDO PICTURES LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

完全に中二病ですよね。でも、モリッシーは最後までやり遂げたのです。永遠の中二病なのです。だから、その挫折もすごいですよ。それを俳優ジャック・ロウデンが見事に演じています。中二病の青年が、ちょっとバンドが上手くいって調子に乗り出したとき、本当にモリッシーに成っていくのです。「あっ、モリッシーそんな顔する?」「そんな動きする!?」と惚れ惚れ観てしまうんですが、挫折を味わうと普通のイギリス人に戻ってしまう。そして、立ち直るとまたモリッシーになるという。

永遠の中二病アーティストを憑依させた俳優ジャック・ロウデン

『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』© 2017 ESSOLDO PICTURES LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

ジャック・ロウデン(『ダンケルク』[2017年] ほか)、すごくモリッシーを研究したんだなと思っていたんですが、なんと監督マーク・ギルはジャック・ロウデンにモリッシーの映像を見ることを一切禁止していたそうで、あの演技はメソッド演技だったのかとびっくりしました。

『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』© 2017 ESSOLDO PICTURES LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

“メソッド演技”とは、いわゆる“なりきり型”の演技手法。身のこなしや口調など外面的な演技ではなく、演者の内面から醸し出される自然な演技のこと。もちろん、その過程で役柄を徹底的にリサーチし、その人物に起こった前後状況まで想定して自身に落とし込んだうえで表現することが求められます。

要するに“モリッシーとはどういう人間か”だけを考え、この状況だとモリッシーはどういう風な動きをするだろうか、どういう言葉を吐くだろうかと想像しながら演技をする方法なのです。もっと他の言葉でいうと“憑依させる”ですね。

『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』© 2017 ESSOLDO PICTURES LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

そんなことでモリッシーになれるのか? と思うけど、ジャック・ロウデンはやってますからね。ホント役者って凄いなと思いますが、ジャック・ロウデンができるんだから、俺も頑張ればモリッシーになれるのかという気がして、もう何回でも観てみたいと思っているのです。

アーティストになりたい人には必見の映画です。『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』は中二病克服映画でもあるのです。

文:久保憲司

【スペシャルプレゼント】

BANGER!!!の公式Twitter(@BANGER_JP)フォロー&リツイートで、5/30(木)に大阪Loft PlusOne Westで開催される公開記念トークイベントにご招待!

『イングランド・イズ・マイン モリッシー、はじまりの物語』は2019年5月31日(金)より渋谷シネクイント、新宿武蔵野館 ほかにてロードショー

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『イングランド・イズ・マイン モリッシー、はじまりの物語』

1980年代、イギリスのミュージックシーンを席巻した伝説のバンド、ザ・スミス結成前夜譚。苦悩や挫折にも負けず、一人の少年がミュージシャンとして生きる決意を描いた、青春“音楽”映画。

制作年: 2017
監督:
脚本:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 伝説のバンド、ザ・スミスはいかにして生まれたのか?『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』は“めんどくさいカリスマ”の若かりし姿を描く非公認伝記映画