• BANGER!!! トップ
  • >
  • 映画
  • >
  • 「イライラ戦争」とは何だったのか? 実在した狙撃手と殺人への禁忌を描く『スナイパー 孤高の弾丸』

「イライラ戦争」とは何だったのか? 実在した狙撃手と殺人への禁忌を描く『スナイパー 孤高の弾丸』

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
ライター:#大久保義信
「イライラ戦争」とは何だったのか? 実在した狙撃手と殺人への禁忌を描く『スナイパー 孤高の弾丸』
『スナイパー 孤高の弾丸』© 2021 AFAR FILM
1 2

イラン映画と戦争

『スナイパー 孤高の弾丸』はイラン・イラク戦争を舞台にした、イランの戦争映画です。日本でイラン映画というと『友だちのうちはどこ?』(日本公開:1993年/制作年:1987年)のような文学的作品が知られていますが、実は戦争映画もけっこう作られているのです。

イラン陸軍が遂行した「カルバラ5号」作戦を題材にした『デザート・ライオン』(1995年)、F-4ファントムによる爆撃作戦をダイナミックかつリアリスティックに描いた航空戦モノの秀作『デザート・イーグル』(1995年)などで、それらはみなイラクとの戦争の物語です。

「イラ・イラ戦争」

1980年9月、サダム・フセイン政権下のイラクが隣国イランに軍事侵攻、イラン・イラク戦争が勃発しました。経済的要衝をめぐる領土問題、イスラム教のスンナ派とシーア派の歴史的対立、さらには「自分がアラブの盟主になる」というサダム・フセイン大統領の野望がその背景にありました。

フセイン大統領は短期戦を目論んでいたのですが、イランの損害度外視の反撃によって長期化、だらだらと8年も続いたため、日本では「イラ・イラ(苛々)戦争」と報じられたりもしました。

“だらだら”と書きはしましたが、イランもイラクもペルシャ湾を通る各国のタンカーを無差別攻撃したり、その過程でイラク軍が空対艦ミサイルでアメリカ軍艦を誤射したり、アメリカのイージス艦がイランの民航旅客機を誤射撃墜したり、イラクが化学兵器を使用したり、「都市の戦争」と呼ばれた双方の首都への中距離弾道ミサイル攻撃が行なわれたりと、いろんなことが起きた戦争でした。

『スナイパー 孤高の弾丸』© 2021 AFAR FILM

結局、消耗戦に疲弊したイラン、イラク両国は1988年8月に国連の停戦勧告を受け入れて休戦となったのです。ですからイラン映画界がこの戦争を題材にするのは、当然のことでしょう。

装甲戦闘車両が走り回り、MiG-29戦闘機が超低空を飛び抜け、怒涛の銃撃戦が繰り広げられるイントロが筆者のハートを鷲掴みにした『エネミーゾーン 沈黙の作戦』(2004年)などは、20年もイラクに抑留されていたイラン軍将校が故郷の町で宿敵と対峙するというマカロニ・ウエスタンのような快作でした。

エネミー・ゾーン 沈黙の作戦 [DVD]

次ページ:実在したイラン軍の伝説的狙撃兵
1 2
Share On
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

『スナイパー 孤高の弾丸』

イラン・イラク戦争下。イラン軍の狙撃手ラスールは数々の作戦で武勲を立て、仕留めた敵兵は2000〜3000人とも噂される“生きる伝説”。雨の夜、イラク軍陣地に潜入して指揮官を抹殺した彼は、捕虜となっていた兵卒アリを救出。弟を殺されたアリは復讐を誓い、ラスールに狙撃指導を懇願する。

監督:アリ・ガファリ
出演:アミール・レザ・デラヴァリ
   カンビズ・ディルバズ
   アリレザ・カマリ

制作年: 2021
PR