スラムの暴徒vs警察! パリの現実を描くNetflix『アテナ』冒頭11分の驚異的長回し映像に話題沸騰!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:佐藤久理子
スラムの暴徒vs警察! パリの現実を描くNetflix『アテナ』冒頭11分の驚異的長回し映像に話題沸騰!!
Netflix『アテナ』独占配信中

話題沸騰! Netflix『アテナ』

Netflixでの配信直後から、そのノンストップのアクションの凄まじさが話題を呼んでいるフランス映画『アテナ』。パリ郊外のスラム地区での暴動を描いた本作は、映画史に残るといっても過言ではない、冒頭11分の長回しがとりわけ注目を浴びている。

Netflix『アテナ』独占配信中

暴徒による警察署の襲撃から、彼らがバンで逃走し、自分たちの根城に戻るまで、カメラが縦横無尽に宙を舞い、車とともに疾走する。てっきり最新のドローンを駆使しプログラミングしたものかと思いきや、これが手持ちカメラの原始的なやり方というから驚きだ(カメラをバンのなかから並走するバイクに乗るカメラマンに手渡しでリレーしたりと、ほとんどスタントマンの領域)。詳しくはYouTubeでメイキング映像が観られるので、興味のある方はぜひ観て欲しい。

CGIや編集による小技を嫌うロマン・ガヴラス監督は、冒頭シーンに限らず、全編にわたって生の迫力を出すために、海外から屈指のカメラオペレーターを呼び寄せ、何週間ものリハーサルを重ねて、息を飲む映像を生み出した。しかも全体の80パーセントはIMAXカメラによる撮影だという。

もっとも、ここではむしろこの映画の制作陣と、映画のバックグラウンドについて解説したい。

名匠を父に持つロマン・ガヴラス×『レ・ミゼ』ラジ・リ

そもそもこんな作品を撮りあげたロマン・ガヴラス監督とは何者か。その名前からお気づきの方もいるかもしれないが、ギリシア人の巨匠でフランス在住のコスタ・ガヴラス監督を父に持つサラブレッドである。もともとミュージックビデオ制作から出発し、その過激さで話題になったジャスティスの「Stress」、M.I.A.の「Born Free」や「Bad Girls」等で知られる。

本作の前にヴァンサン・カッセル主演の『Our Day Will Come(Notre jour viendra)』(2010年)と、イザベル・アジャーニの『ワールド・イズ・ユアーズ』(2018年)という、2本の長編を撮っている。ともに悲劇的で荒々しさをそなえる。現在41歳の彼は間違いなく、今後フランス映画を牽引するひとりと言える。

そんな彼の長年来の友人が、本作の共同脚本家でプロデューサーのひとりでもあるラジ・リ監督だ。彼はカンヌ国際映画祭の審査員賞を受賞した『レ・ミゼラブル』でやはりパリ郊外の暴動を描いているが、その作風はよりリアリスティックである。

一方ロマンは、彼の言葉によればギリシア悲劇のような壮大さに惹かれ、本作では兄弟を分かつ運命の過酷さを表現したかったという。“ATHENA”という題名は、舞台となるスラム地区の名前だが、ギリシアのアテネ(古代ギリシア語で“アテーナイ”)を連想させずにはおかない。

Netflix『アテナ』独占配信中

物語はアルジェリア移民の14歳の少年が、警察官のユニフォームを着た男たちに殺されたところから始まる。真相追及を約束する当局の演説が行われるさなか、少年の兄で三男にあたるカリム率いる暴徒が、復讐のために警察を襲う。その晩、すぐに警官隊がスラム街に突入するが、カリムたちは火炎瓶で応酬し、街はカオスと化す。

少年の兄でフランス軍に身を置く兵士である次男アブデルは、なんとか事を収めようとするものの、異母兄弟でドラッグディーラーの長兄やカリムと対立する。

Netflix『アテナ』独占配信中

運命の歯車が狂い、後戻りできないほど彼らが引き裂かれていく様はまさに、ギリシア悲劇さながら。燃えさかる炎や群衆の蜂起、まるで戦争のごとき衝突など映像のスケール感が、それに輪を掛ける。

Netflix『アテナ』独占配信中

頻発する郊外の若者たちと警察の対立

本作のもう1つのポイントは、事態を兄弟の立場からだけでなく、警察側からも描いていること。スラム地区に投入される警官隊のなかの若き警察官ジェロームは、混乱のなかで同僚とはぐれ、地獄を味わうことになる。彼の恐怖が、スラムを目の当たりにする我々観客の体験となって、迫真のスリルをもたらす。

Netflix『アテナ』独占配信中

本作は具体的に実際の事件を元にしているわけではないが、正直パリに住んでいると、こういう事件はあまり珍しくない。もちろんここまでの規模ではないとしても、郊外の地元の若者たちと警察の対立というのは、悲しいことにかなり煩瑣にある。ラジ・リが『レ・ミゼラブル』を自身の体験を元に作った話はよく知られるところだ。規律を守らず何かあると暴力でしか訴えられない、社会の底辺でストレスを抱えた若者たち。一方、そんな彼らを目の敵にする警察による暴力も社会問題になっている。どっちもどっちゆえに、この問題は解決の糸口がないのが現状なのだ。

Netflix『アテナ』独占配信中

もっとも、ロマン・ガヴラスは本作の最後に、さらにひと捻りのオチを用意している。それを知ったとき、我々はへなへなと床にへたりこむような脱力感に包まれるだろう。いったいこれまでの闘争は何だったのか、と。その悲壮さと絶望感もまた、ギリシア悲劇のように重く我々にのしかかる。

Netflix『アテナ』独占配信中

文:佐藤久理子

Netflix『アテナ』独占配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『アテナ』

社会問題に迫るヒューマンドラマ. ひとりの少年が殺害された悲しい事件をきっかけに、激しい戦いの舞台と化したアテナ団地。その争いの渦中には、被害者である少年の兄たちがいた。

監督:ロマン・ガヴラス
製作:ロマン・ガヴラス ラジ・リ ムーラッド・ベルケダール
脚本:ロマン・ガヴラス ラジ・リ エリアス・ベルケダール
撮影:マティアス・ブカール
編集:バンジャマン・ヴェイユ

出演:ダリ・ベンサーラ サミ・スリマン
   オウアシニ・エンバレク アレクシ・マナンティ

制作年: 2022

PR

ジャンル

  • BANGER!!!
  • 映画
  • スラムの暴徒vs警察! パリの現実を描くNetflix『アテナ』冒頭11分の驚異的長回し映像に話題沸騰!!