壮絶にもほどがある!『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』はハードコアな男のハードコアな生きざまを映し出した前代未聞のドキュメンタリー

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:市川力夫
壮絶にもほどがある!『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』はハードコアな男のハードコアな生きざまを映し出した前代未聞のドキュメンタリー
『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』
日本のヤクザがメキシコのチカーノに出会い、人生が変わった……! 世界のキタノ映画も驚きの壮絶な半生を歩んできた“KEI”とは、いったいどんな男なのか? 自伝の出版からマンガ化、数多のメディア出演を経て、ついに完成したドキュメンタリー映画『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』が、2019年4月26日(金)から劇場公開中!

映画が何本も撮れるレベル! 濃厚すぎるKEI氏のリアルストーリー

『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』

ヤクザとして昭和の荒くれた時代を駆け抜け、FBIのおとり捜査で捕まってアメリカの刑務所へ収監された日本人……「壮絶な人生のドキュメンタリー」という言葉は世に腐るほどあふれかえっているが、ここまで壮絶さを極めたものは観たことない! そう断言できるほど、『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』はハードコアな男のハードコアな人生を映し出した、壮絶にもほどがある前代未聞のドキュメンタリーだ。

本作の主人公は、書籍「KEI チカーノになった日本人」や漫画「チカーノKEI ~米国極悪刑務所を生き抜いた日本人~」、テレビ番組「クレイジージャーニー」出演などで知られているKEI氏。そんなKEI氏の生い立ちから今現在の活動までを網羅する本作だが、とにかくKEI氏の人生が“映画何本できるんだ?”っていうぐらい濃厚。

育児放棄のすえに親戚中をたらい回しにされ、すくすくと不良少年になっていく幼少期。そして出刃包丁を懐に忍ばせて歌舞伎町をフラつく少年ヤクザ時代。やがてバブル期に突入し、ダーティな外車輸出業に乗りだすところまでで上映時間はまだ25分たらず! もうすでにお腹いっぱいだ。

ヤクザ時代、アメリカ刑務所時代……KEI氏の独白からにじみ出るホンモノの凄み!!

『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』

なかでも映画ファンとしてグッときてしまったところが『スカーフェイス』でアル・パチーノ演じるトニー・モンタナが山盛りのコカインを鼻から吸うシーンを観て、「絶対やらなくちゃいけない」と謎の使命感に駆られて、3キロのコカインをセッティングして実行したというエピソード。そんな常軌を逸した話がことさら盛られることなく、「うまい棒を大人買いした」ぐらいの感覚で語られるホンモノの凄み。目眩が止まらない!

そんな弩級のエピソードてんこ盛りな前半を経てからは、サンフランシスコやオレゴンなど凶悪犯だらけの極悪刑務所サバイブ模様が語られる。米刑務所は人種間抗争が日常茶飯事。おまけにどうせ終身刑だからと刑期がかさむのを恐れず簡単に殺人を犯す奴も多く、目が合っただけで殺されかねないほど死と隣り合わせの超危険地帯。

『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』

そんななか、日本人たったひとりで生きているKEI氏が出会ったのはチカーノと呼ばれるメキシコ系アメリカ人だった。彼らの仲間意識と家族愛に共鳴し、感銘を受け、やがて彼らの仲間=ホーミーとして認められたKEI氏。そして10年以上の服役を経て日本へ帰国し、どこにも居場所がない子供たちのために慈善事業を開始する。

過去の罪も何もかもすべてをどっしり受け入れ、向き合い、とにかく行動して筋を通す生き方もまた、ホンモノの凄みがあふれ出ている。ショッキングな内容だけでは決して終わらせない、KEIという人、KEIという生き方を追った骨太ドキュメント。参りました!

文:市川力夫

『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』は2019年4月26日(金)公開

『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』

米刑務所・拘置所を合わせ10年以上投獄されたKEI。刑務所内でチカーノと呼ばれるメキシコ系アメリカ人との出会いによって人生の価値観が大きく変わることになる。
KEIの人生を通して仲間とは何か? 家族とは何か? 人とのつながりとは何か? その意味を問いかけるドキュメンタリー映画だ。

制作年: 2018
監督:
キャスト:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 壮絶にもほどがある!『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』はハードコアな男のハードコアな生きざまを映し出した前代未聞のドキュメンタリー