“絆”がもたらす暴力と狂気! トムホ&気鋭の俳優総出演の野心作『悪魔はいつもそこに』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:橋本宗洋
“絆”がもたらす暴力と狂気! トムホ&気鋭の俳優総出演の野心作『悪魔はいつもそこに』
Netflixオリジナル映画『悪魔はいつもそこに』独占配信中

トム・ホランド主演最新作は超豪華キャストのNetflixオリジナル映画!

スパイダーマンことピーター・パーカーことトム・ホランドの新作がNetflixで配信されている。タイトルは『悪魔はいつもそこに』。いかにも不穏だが、内容はさらに不穏だ。

Netflixオリジナル作品にはよくあることだが、事前の情報が少ない。公式の作品案内はザックリしていて、具体的にどんなストーリーなのか伝わりにくい。配信されたばかりだと映画サイトにも詳細が載っていない。しかも、この映画はアクション、ホラーといったジャンル映画でもない。先行きが見えない展開で、だからずっと心の奥がザワザワする。

Netflixオリジナル映画『悪魔はいつもそこに』独占配信中

トムホ&パティンソン、スカルスガルドらが全力で“不穏”を表現!

物語は、トムホ演じる主人公アーヴィンの父親の若き日から始まる。戦争で地獄を見た彼は帰国後、森の中での“祈り”に没頭する。そのことで起こってしまう悲劇。神との対話がもたらしたものは、死でしかなかった。

親類のもとで成長したアーヴィンは、父の影と闘いながらそれに染まっていく。否応なしに受け継いでしまった暴力衝動。愛する義理の妹もまた神にすがり、その結果として好色な牧師の毒牙にかかってしまう。

Netflixオリジナル映画『悪魔はいつもそこに』独占配信中

この牧師を演じるのが『TENET テネット』(2020年9月18日より公開)で主人公の相棒を演じ話題沸騰中のロバート・パティンソン。『ザ・バットマン』(2021年公開予定)も控えているから、スパイダーマンとバットマンの共演でもあるわけだ。さらにバッキー=ウィンター・ソルジャーを演じたセバスチャン・スタンも出演。アーヴィンの父役であるビル・スカルスガルドも強いインパクトを残す。

気鋭の俳優たちが野心的な題材と役柄に挑む!  “絆”がもたらす人間の闇を描くアンサンブル劇

20代から30代の気鋭の俳優たちが野心的な題材と役柄に挑む姿に、とにかく目を奪われる。彼らのアンサンブルで描かれるのは“絆”がもたらす人間の闇だ。

夫婦の絆、家族の絆、地域の絆、そして神とのつながりまで。あらゆる絆が人を縛り、絆を信じれば信じるほど狂気と暴力をもたらす。そのどう連鎖が見るものを容赦なく叩きのめす。

Netflixオリジナル映画『悪魔はいつもそこに』独占配信中

重厚なドラマとともに暴力描写も凄まじく、もしかしたらとっつきにくい映画かもしれない。しかし、それこそが本作の真摯さというものだろう。人間のどうしようもなさをどうしようもないままに描く姿勢が『悪魔はいつもそこに』の最大の魅力だ。

文:橋本宗洋

『悪魔はいつもそこに』はNetflixで独占配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 映画
  • “絆”がもたらす暴力と狂気! トムホ&気鋭の俳優総出演の野心作『悪魔はいつもそこに』