直視できるか!?『サスペリア』賛否両論大激突の超問題作

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
直視できるか!?『サスペリア』賛否両論大激突の超問題作
『サスペリア』© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved
1977年代に公開され、その斬新な映像や色彩感覚で多くの映画ファンを虜にしたダリオ・アルジェント監督の傑作ホラー『サスペリア』を、『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が大胆リメイク! 空前の賛否両論を巻き起こしたグァダニーノ版『サスペリア』を、映画宣伝会社の株式会社スキップ取締役・奥村裕則氏が語る。

アルジェント版『サスペリア』を独自の世界観で再構築

『サスペリア』© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

「決して、ひとりでは見ないでください。」のキャッチコピーがあまりにも有名な、ダリオ・アルジェント監督の『サスペリア』(1977年)がリメイクされる。しかも音楽を担当するのは、レディオヘッドのトム・ヨーク。筆者が初めて本作の情報をキャッチした内容がこれだった。そこに監督は『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノときた。ホラー映画というよりも完全にオシャレ路線の映画か!? というイメージが先行し、楽しみ半分、訝り半分でこの新生『サスペリア』を待っていた。

しかし、映画を観はじめるとそんな心配が杞憂に終わったと確信する。グァダニーノの『サスペリア』はアルジェントの『サスペリア』を独自の世界観で再構築し、エンターテインメントを練りこんだ“芸術”へと昇華していたのだ!

映画の入り口はオリジナルと変わらない。1977年、アメリカからやってきた一人の女性スージー(ダコタ・ジョンソン)がベルリンの名門舞踏団の門をたたく。そこにいたカリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)に才能を見初められ入団を果たす。しかし、舞踏団では数日前、主要ダンサーのパトリシア(クロエ・グレース・モレッツ)が精神を病み「舞踏団は悪魔の巣窟だ」と訴えた後、失踪していた。

さらに、才能を発揮するスージーがリードダンサーに抜擢され、降格したオルガ(エレナ・フォキナ)もスタジオを飛び出し、失踪してしまう。そんなことをよそに、公演が目前に迫るにつれ過酷を極めるダンスレッスン。それに比例するかのうようにスージーのまわりでは、奇怪な出来事が起き始める。この舞踏団に潜む“恐怖”とは一体何なのか……?

恐怖すら覚えるグァダニーノ監督の才能

『サスペリア』© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

10代で『サスペリア』に酔狂し、必ずこの作品を自身の手で再び世に放つと誓っていたグァダニーノ監督の異常な熱意が画面の随所からほとばしる。間違えれば笑いにも振れてしまう意図的なズームを繰り返したり、美麗な構図を絶妙なアングルで切り取ったりと、毒っ気を含んだカットを連発してくる。映像だけではなく、役者の動きの一挙手一投足が幾何学的で得体の知れない図式となり、恐るべき答えへと導かれているかのようにも錯覚する。あるいは、圧巻のダンスシーンに観客は呪文をかけられているような気持ちにもなるだろう。

映像に凝り過ぎた映画はしばしば観客を置き去りにしてしまうことがあるが、本作はそんな無粋な感覚に陥ることはない。恐怖演出こそ監督初の試みとなるが、超自然的な力を持った「民族」と題された踊り、トム・ヨークの音楽、そして映像演出が絡まり合い、ボルテージが上がっていくと、観客は目を覆いたくなるような恐怖シーンへとたどり着く。

科学の世界では人類が犯していけない領域が存在するが、ホラー映画界で犯してはいけない領域の一つ、それが『サスペリア』だと思う。プレミア上映されたベネチア映画祭で巻き起こった賛否両論は無理もない。しかし、この禁断の領域でマッドサイエンティストのごとく映画を分解し、完全にオリジナル作品と見紛う傑作を生み出したルカ・グァダニーノ監督は称賛を通り越し、恐怖すら覚える才能だ。

最後にひとつ、この映画をご覧になる皆様にアドバイスを。冒頭、トム・ヨークの奏でるメインテーマ「Suspirium」とともに「母はあらゆる者の代わりになれるが、何者も母の代わりにはなれない」という言葉が象徴的に現れる。この言葉が大いなる意味を持つことは言うまでもないが、ラストに受ける衝撃の準備をここから始めることをお勧めする。

文:奥村裕則(スキップ)

『サスペリア』は2019年1月25日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『サスペリア』

1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にアメリカからやってきた。初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大事な演目のセンターに抜擢される。そんな中、マダム・ブラン直々のレッスンを続ける彼女のまわりで不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であった若きダンサーの行方を捜すうち、舞踊団の闇に近づいていく。やがて、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、スージーの身にも危険が及んでいた――。

制作年: 2018
監督:
音楽:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 直視できるか!?『サスペリア』賛否両論大激突の超問題作