フランスは昭和の日本だった!?『TAXi ダイヤモンド・ミッション』は洋画劇場テイスト全開

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
フランスは昭和の日本だった!?『TAXi ダイヤモンド・ミッション』は洋画劇場テイスト全開
『TAXi ダイヤモンド・ミッション』© 2018 – T5 PRODUCTION – ARP – TF1 FILMS PRODUCTION – EUROPACORP – TOUS DROITS RESERVES
伝説の“チョッ速”プジョーが帰ってきた! リュック・ベッソンが脚本・製作を務め、世界中で大ヒットを記録したカーアクション・コメディ『TAXi』(1997年)から10年、まさかのシリーズ最新作『TAXi ダイヤモンド・ミッション』が2019年1月18日(金)から公開中だ!

まるで昭和の日本映画のような大らかさ

『TAXi ダイヤモンド・ミッション』© 2018 – T5 PRODUCTION – ARP – TF1 FILMS PRODUCTION – EUROPACORP – TOUS DROITS RESERVES

 

第1作目の大ヒットを受け、2000年から2007年にかけて全4作(&ハリウッドリメイク+TVシリーズ)が制作されたフランス発のカーアクション・コメディ『TAXi』シリーズ。分かりやすいストーリーとスピーディーな展開で日本でも大ヒットを記録し、たびたびテレビ放映もされ多くの映画ファンの心を掴んできた名作だ。
そんな伝説のシリーズが『TAXi④』から10年を経て、登場キャラクターも一新し続編を公開! 今回の主人公は、抜群のドライビングテクを持ちながらも自由すぎる検挙スタイルのせいで華のパリ警察からド田舎のマルセイユ警察に左遷されてしまった警官のマロ(フランク・ガスタンビド)と、過去シリーズの主人公ダニエルの甥っ子にしてホームラン級にバカなUberドライバー、エディ(マリク・ベンタルハ)だ。
マロが左遷されるに至るオープニングシーンからして、過去シリーズ以上に洋画劇場ムードが漂っている本作。隙あらば下ネタを差し込んでくるし、マンガ的バカ表現や体型イジリなど小~中学生が喜びそうな要素がてんこ盛りで、安心してポップコーンを片手に鑑賞できる。2010年代のフランス映画とは思えない、まるで昭和の日本にタイムスリップしたかのような大らかさだ。

受け継がれたプジョー407はますますチョッ速!

『TAXi ダイヤモンド・ミッション』© 2018 – T5 PRODUCTION – ARP – TF1 FILMS PRODUCTION – EUROPACORP – TOUS DROITS RESERVES

マロが異動させられたマルセイユ警察には、警官としてはもちろん人間としてもマトモな奴がいないというヤバさ。しかも、お馴染みのすっとぼけ署長ジベール(ベルナール・ファルシー)は市長にまで昇りつめ、過去シリーズ中でも最高レベルのゲスさを披露。もはやマルセイユの民度が疑われるレベルだ。

とはいえ、ダニエルの愛機プジョー407が最新チューンナップを施され、新キャラのマロが受け継ぐというのはシリーズのファンならば燃える設定だろう。エディの職業も時代を反映してかUberのドライバーということになっていて、同業者ネットワークを駆使した活躍を見せてくれる。

また、10秒先の展開がほんのり読める安心設計に加え、冒頭15分くらいでなんとなく全体の相関図を説明してくれる親切さは嬉しいところ。メインイベントとなるイタリア系フェラーリ強盗団との対立構図も、例えるならヤンマガとかに連載してそうな軽いノリ。なんとなく喫茶店でナポリタンとか食いながら、横目で観たいくらいのカジュアルさだ。

あえて原語版で観るのもオツだが、洋画劇場テイストを味わうためにもぜひ吹き替え版での鑑賞をオススメしたい。この先半永久的にシリーズ化できそうな、新たな『TAXi』伝説の幕開けを劇場で祝福しよう。何かしら飲み食いしながら。

『TAXi ダイヤモンド・ミッション』は2019年1月18日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

 

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『TAXi ダイヤモンド・ミッション』

検挙率No.1で最高のドライビングテクを持ちながら、スピード狂で問題だらけの警官、マロ。パリ警察から特殊部隊への異動を夢見ていた彼は、ある日地方都市マルセイユへ左遷されてしまう。赴任したマルセイユ警察は、フェラーリなどの高級車を操り、華麗に宝石を盗むイタリアの強盗団にやられっぱなし。マロは、時速300km超えの伝説のタクシー:プジョー407を探して対抗する事に。今は中東にあるそのタクシーを手に入れるため、ダニエルの甥で街を熟知しているものの、ウーバー最低評価の間抜けなタクシードライバー、エディと渋々ながらタッグを組むはめに。そんな中、5日後に世界最大のダイヤモンド“カシオペア”が到着するという知らせが。強盗団は警察内部にもスパイを配置、更にはドローンも使用した完璧な作戦で、ダイヤモンドを盗み出そうとしていた。凸凹コンビと伝説のタクシーVS頭脳派強盗団の赤いランボルギーニ! マルセイユを駆け巡るド迫力なカーチェイスの果てに、彼らはダイヤモンドを守り切れるのか!?

制作年: 2018
監督:
脚本:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • フランスは昭和の日本だった!?『TAXi ダイヤモンド・ミッション』は洋画劇場テイスト全開