秘めた狂気にハマる! ナヨ男子を演じさせたらピカイチの若き怪優ポール・ダノ出演作3選

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
秘めた狂気にハマる! ナヨ男子を演じさせたらピカイチの若き怪優ポール・ダノ出演作3選
『スイス・アーミー・マン』©2016 Ironworks Productions, LLC.

多くの映画ファンから“信用できる男”としてじわりと熱い支持を集める俳優ポール・ダノ。ダニエル・デイ=ルイスにボッコボコにされるインチキ神父を好演した『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007年)や、ファンタジックな文化系ロマンス『ルビー・スパークス』(2012年)などで、どこか狂気を秘めたナヨ/キョド演技を見せつけた、若干35歳(2020年5月時点)の怪優だ。

2018年には『ルビー~』で共演し実生活のパートナーでもある女優ゾーイ・カザンと共に、初監督作『ワイルドライフ』を手掛け高評価を得るなど活躍の場を広げているダノ。才能豊かなだけに今後は制作側に専念してしまいそうな懸念もあるが、ぜひ俳優業も続けてほしいという願いを込めつつ彼の代表作を紹介しよう。

『スイス・アーミー・マン』©2016 Ironworks Productions, LLC.

夢破れる哲学かぶれの青年役が愛おしい『リトル・ミス・サンシャイン』

ダノの出世作といえば『ルビー~』制作陣による大ヒット・インディー映画『リトル・ミス・サンシャイン』(2006年)だろう。

『リトル・ミス・サンシャイン』
ブルーレイ発売中
価格:¥1,905+税
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

トニ・コレットやスティーヴ・カレル、アラン・アーキンらと共に演じる問題だらけの家族のなかで、夢を叶えるために“沈黙の誓い”を立てる哲学かぶれの長男ドウェーンを演じたダノ。中盤過ぎまでセリフがないのになぜか観客の注目を集めまくる、夢破れた悲壮感だけでなく爆笑もさせてくれるという素晴らしい演技を見せてくれる。

『リトル・ミス・サンシャイン』©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

本作は『ゾンビランド』シリーズ(2009年)でおなじみのアビゲイル・ブレスリン(当時10歳)の出世作でもあり、そのぶきっちょな可愛らしさにメロメロ必至。

機能不全一歩手前の家族が愛と絆を再確認する、爽やかな感動と可笑しみを与えてくれる傑作だ。

『リトル・ミス・サンシャイン』©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

知的障がいを持つ有力容疑者という難キャラを好演した『プリズナーズ』

『ゼア・ウィル~』や『それでも夜は明ける』(2013年)で腰抜けキャラのイメージを確立したダノが挑んだのが、田舎町の少女失踪事件を描いた問題作『プリズナーズ』(2013年)の有力容疑者アレックス役だ。

『プリズナーズ』©2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

娘の行方を血眼で追う父親ケラーにヒュー・ジャックマン、事件を捜査するロキ刑事にジェイク・ギレンホールという重厚な共演陣だが、完全に別のステージに踏み込んだダノの狂気が炸裂していて怖い。

新旧アメコミ映画俳優のジャックマンとギレンホールに追われるダノはさながら狡猾なヴィランといった風情。しかし、少女の失踪という凶悪犯罪であることと、アレックスには10歳程度の知能しかないとされていることが単純なエンタメ性を拒絶する。キャラクター名や小道具からバリバリの宗教映画であることは明白だが、とはいえ発狂寸前の父親の最後の“祈り”が事件解決につながるという救いもあるので、胸糞映画が苦手な人もご安心を。

『【おトク値!】プリズナーズ』
発売元・販売元:ポニーキャニオン
価格:Blu-ray¥2,500+税 DVD¥1,800+税
©2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

あのハリポタの死体と一緒にサバイバル!?『スイス・アーミー・マン』

自主隔離中の“無人島感”とぴったりハマるのが、極限サバイバル・ファンタジー・コメディ『スイス・アーミー・マン』(2016年)だ。ダノが演じるのは無人島で遭難した青年ハンク。生き延びることを諦め自死寸前だった彼を救ったのは、海岸に漂着した男の死体だった……というヤバそうな雰囲気しかしないお話だが、その死体を演じるのがあのダニエル・ラドクリフという、一筋縄ではいかない無情さと可笑しみあふれるコメディだ。

なんとも強烈な予告映像の時点で大きな話題を呼んだ本作。実際あんな感じの斬新なサバイバル描写が上映時間の7~8割を占めることに驚きつつ、ひとつひとつが程よく笑撃的(&不謹慎)なのでまったく飽きることなく、全てのシーンに失笑苦笑させられるはずだ。

『スイス・アーミー・マン』©2016 Ironworks Productions, LLC.

マッチョでもなければ精神的に強いわけでもないハンクは多くの観客が自分を投影できるので、死体と行動をともにするという異常性も否定できなくなってきて……。

『スイス・アーミー・マン』©2016 Ironworks Productions, LLC.

もの言わぬ死体が教えてくれた“生きる”ということの意味を考えさせられる……とかなんとか締めくくりたいところだが、たいがいのことは屁で乗り越えられるな! くらいの感覚で爆笑鑑賞してもらったほうが正解だろう。

『スイス・アーミー・マン』©2016 Ironworks Productions, LLC.

『リトル・ミス・サンシャイン』はAmazon Prime Videoでレンタル配信中、『プリズナーズ』『スイス・アーミー・マン』はNetflixで配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 秘めた狂気にハマる! ナヨ男子を演じさせたらピカイチの若き怪優ポール・ダノ出演作3選