クリヘム&ルッソ兄弟がぶちかました傑作!『タイラー・レイク -命の奪還-』は“最新アクションの博覧会”だ!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:橋本宗洋
クリヘム&ルッソ兄弟がぶちかました傑作!『タイラー・レイク -命の奪還-』は“最新アクションの博覧会”だ!!
Netflixオリジナル映画『タイラー・レイク -命の奪還-』独占配信中

いまアクション映画は“確実にトドメを刺す”時代!

映画は進化する。――いやまあ、そう簡単に「進化」なんて言葉を使うもんじゃないのは分かっているが、しかしここは使わせてもらいたい。それくらい凄い映画だ、 『タイラー・レイク -命の奪還-』(2020年)は。

映画にこれ以上、語るべき物語はあるのか。過去の名作には敵わないんじゃないのか。映画に詳しくなってくると、ついそんなことを思いがちになるのだが、しかし実際には映画は変化し、進歩している。

中には「進化」を感じさせるものもある。監督、脚本家など新たな才能がそれをもたらす場合もあり、また技術の発展も大きい。CGの発展がなければ、映画史に残る一大エンターテインメント・シリーズたるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)はなかった。あまりの進化に「あれは映画じゃない」と言い出す人までいた。それはそれで褒め言葉として捉えることもできる。

Netflixオリジナル映画『タイラー・レイク -命の奪還-』独占配信中

映画の中でも、特にアクションものは常に進化が感じられる。香港のワイヤーアクションがあり、『マトリックス』(1999年)でハリウッドがクンフーを取り入れ、ムエタイ全面フィーチャーの『マッハ!』(2003年)がタイから、インドネシアからは『ザ・レイド』(2011年)が飛び出した。

ここ数年のシリーズものでは『ジョン・ウィック』(2014年~)に『イコライザー』(2014年~)。『ミッション:インポッシブル』(1996年~)も忘れちゃいけない。CGやワイヤーを使うことで可能になった映像表現と同時に、“生身”を感じさせるハードなバトルも。単に闘う、敵を倒すだけでなく“確実にトドメを刺す”アクションの時代と言えばいいだろうか。

クリヘムがレベチのド迫力“全部のせ”アクションを披露!

クリス・ヘムズワース主演、ルッソ兄弟がプロデュースしたNetflixオリジナル作品『タイラー・レイク』は、まさに“進化するアクション”の最前線にある。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)などでスタント・コーディネーターを務めたサム・ハーグレイヴの初監督作だ。

Netflix映画『タイラー・レイク -命の奪還-』独占配信中

クリヘムが演じるのは命知らずの傭兵。インドの麻薬王の息子が敵対組織に誘拐され、金のための救出ミッションを展開することになる。そこに麻薬王の部下も独自の動きを見せ、闘いは三すくみの状況に。

筋立てとしてはシンプルで、だからこそアクションが際立つ。そのアクションは“全部のせ”状態だ。狙撃あり拳銃の撃ち合いあり接近戦での格闘あり、もちろんカーアクションも。手近な武器を使って斬り付け、突き刺す容赦のない描写はいかにも現代的だ。バトルの舞台はジャングル、狭い屋内、路上とさまざま。最新アクション描写の博覧会と言っていい。

Netflixオリジナル映画『タイラー・レイク -命の奪還-』独占配信中

特筆すべきは、中盤のカーチェイス→銃撃&格闘の長回し。“擬似”の部分もあるのだが、ワンカットの中で路上と車内をカメラが動き周り、死角から敵が現れ、視点が自在に変化する映像はアクション映画のレベルを一段階上に引き上げるものだ。臨場感という言葉では生ぬるく、まさしく“現場”に巻き込まれたかのようなド迫力。映画を見ていて久々に声が出た。それも3、4回。

さらにタイラーが闘う理由や、敵側の少年兵の描き方など、ルッソ兄弟らしいひねりと深みも。単純な“正義vs悪”ではないのだ。

Netflixオリジナル映画『タイラー・レイク -命の奪還-』独占配信中

本年度はアカデミー賞も配信映画を対象にするという。そのニュースを見て真っ先に思い浮かんだのがこの映画だ。撮影、編集など技術系部門でノミネートされる可能性は充分あるんじゃないか。

いま、アクション映画はここまでできる。こんなに凄いことになっている。技術が発展し、しかし肉体もおろそかにはしていない。エンターテインメントの現在を代表する、まぎれもない傑作だ。

文:橋本宗洋

『タイラー・レイク -命の奪還-』はNetflixで独占配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『タイラー・レイク -命の奪還-』

誘拐された麻薬王の息子を救うため、バングラデシュに向かった傭兵。だが、金のために請けた任務が、いつしか過去と向き合う自分との戦いへと変わっていく。

制作年: 2020
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • クリヘム&ルッソ兄弟がぶちかました傑作!『タイラー・レイク -命の奪還-』は“最新アクションの博覧会”だ!!