映画文化を守れ! ミニシアター・エイド基金 × DOMMUNE キックオフイベント無観客記者会見が投げ銭方式で配信

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
映画文化を守れ! ミニシアター・エイド基金 × DOMMUNE キックオフイベント無観客記者会見が投げ銭方式で配信

街の映画館を守れ!「ミニシアター・エイド基金」とは?

小規模映画館支援のためのクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」が、2020年4月13日(月)よりMotion Galleryにてスタート。それに伴い、同日16時からライヴストリーミングスタジオ<DOMMUNE>にて立ち上げの記者会見「#MiniTheaterAID」が行われ、活動に賛同したユーザーによる投げ銭の寄付も飛び交った。

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が発令され、補償が不明瞭な中、政府からの自粛要請が続き、全国の小規模映画館“ミニシアター”もまた、閉館の危機にさらされている。この「ミニシアター・エイド基金」は、そんなミニシアターに資金を送るためのクラウドファンディングだ。

2020年4月5日に立ち上げが宣言された「ミニシアター・エイド基金」は、現在全国50館以上のミニシアターから参加希望があり、映画製作・配給を軸に出版、映画館運営など多岐に渡る活動を行うアップリンクも参加を表明。多くの映画監督からの賛同と参加の意思表明が集まっており、今後は署名活動を通じて政府への提言を進めている「SAVE the CINEMA」とも連携していくようだ。

今回の記者会見には、発起人で映画監督の深田晃司氏と濱口竜介氏、アップリンク代表・浅井隆氏、俳優・映画監督の斎藤工氏、俳優・渡辺真起子氏、そして全国の劇場支配人が中継で参加した。

濱口氏は「この状況が続くと確実に危機に陥ってしまう」と緊急性と重要性を訴え、深田氏は「これだけいろんな国の映画やアート作品を上映している国はほかにはない」と、文化の多様性という面でもミニシアターはとても重要な場所であると語った。

賛同した多くの映画人の代表として参加した斎藤氏は「ミニシアターが帰ってくる希望の場所になる」と語り、インディー系作品を上映することで各劇場が才能を発掘して育てており、自分自身も育ててもらったと振り返った。渡辺氏は目に涙を浮かべながら「青春時代、自分の居場所が見つからない時に、自分を迎え入れてくれたのは映画館だった」とミニシアターの存続を願った。

素晴らしい映画との出会いは大手シネコンだけでなく、いつの時代も私たちが暮らす街のミニシアターが支えてきた。この「ミニシアター・エイド基金」が、街の小規模映画館=日本の映画文化を救う大きな手段となることは間違いない。

【ミニシアター・エイドお問い合わせ】
広報:佐々木瑠郁
Tel:090‐7405‐6715
E-mail:white.aquamarine@gmail.com
Mini-Theater AID(facebook)

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 映画文化を守れ! ミニシアター・エイド基金 × DOMMUNE キックオフイベント無観客記者会見が投げ銭方式で配信