『猿の惑星:創世記』の監督が描くディストピアSF! エイリアンの支配下、権力に従うか? 抵抗するか⁉『囚われた国家』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:橋本宗洋
『猿の惑星:創世記』の監督が描くディストピアSF! エイリアンの支配下、権力に従うか? 抵抗するか⁉『囚われた国家』
『囚われた国家』© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

敵は宇宙人!……ではなく同じ人類=公権力、つまり支配者層!?

『囚われた国家』は、『猿の惑星:創世記』を撮ったルパート・ワイアット監督の最新作である。前作はマーク・ウォールバーグ主演の『ザ・ギャンブラー/熱い賭け』(2014年)。骨太なフィルモグラフィーと言っていいだろう。

『囚われた国家』ルパート・ワイアット監督© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

この『囚われた国家』も、超大作ではないが気骨のある一本だ。舞台は地球外生命体に支配されたアメリカ。追い詰められながらも決死の抵抗を試みるレジスタンスと、支配者側の闘いが描かれる。といっても、人類とエイリアンの直接対決ではない。レジスタンスがエイリアンを狙うのだが、そのレジスタンスを狩るのは同じ人類=警察(公権力)だ。

『囚われた国家』© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

この構図が、本作を人間くさい群像劇にしている。ムードとしては20世紀に作られたレジスタンスもののようでもある(ワイアットは『影の軍隊』[1969年]や『アルジェの戦い』[1966年]を参考にしたそうだ)。シカゴの曇天の下で繰り広げられる強大な敵との闘い。それは必然的にダークなものにならざるをえない。

『囚われた国家』© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

「抵抗する限り、チャンスはある」ダークな物語に込められたメッセージ

レジスタンスの闘い自体が先の見えないものであり、そこに“謎”や“裏切り”が絡むから、単純に見ていて楽しいという映画ではないと断っておこう。主人公兄弟の闘いは手探りであり、ストーリーの核心を握る刑事(ジョン・グッドマン)の真意も見えにくい。だから、見ていてちょっとストレスがたまる。だが、そのストレスはディストピアの空気そのものでもあるようで、簡単に“減点”とも言えないところ。

『囚われた国家』© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

ストーリーが進む中で見えてくるのは、エイリアンに支配されたアメリカが何かの比喩であることだ。敵は支配者だけでなく“支配層”だというのも、つまりはそういうことだろう。ワイアットは、この映画には2種類の登場人物がいると説明している。「支配者に協力することを選んだ人々」と「それに対して戦うことを選んだ人々」だ。

『囚われた国家』© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

そして先が見えない闘いの中でも、絶対にあきらめてはいけないのだというストレートなメッセージ。「抵抗する限り、チャンスはある」――そんなセリフもある『囚われた国家』は、はっきり言ってしまえば暗い映画だ。万人受けするものではないだろう。でも、この時代だからこそ生まれた映画だし、その志は映画ファンとしてしっかり受け止めておきたい。ルパート・ワイアットには、この調子で撮り続けてほしい。

文:橋本宗洋

『囚われた国家』は2020年4月3日(金)よりイオンシネマほか全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『囚われた国家』

地球外生命体による侵略から9年後の2027年、シカゴ。制圧されたアメリカ政府は「統治者」の傀儡と化していた。貧富の差はかつてないほど拡大し、街は荒廃。そして市民は、この圧政に対して従属する者と反抗する者に分かれた。自由を取り戻すために秘かに結成されたレジスタンス・グループは、市内スタジアムで開催される統治者による団結集会への爆弾テロを計画するが―。

制作年: 2019
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 『猿の惑星:創世記』の監督が描くディストピアSF! エイリアンの支配下、権力に従うか? 抵抗するか⁉『囚われた国家』