ジャームッシュ初のゾンビ映画! B・マーレイ&A・ドライヴァーのオフビート・コメディ『デッド・ドント・ダイ』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ジャームッシュ初のゾンビ映画! B・マーレイ&A・ドライヴァーのオフビート・コメディ『デッド・ドント・ダイ』
『デッド・ドント・ダイ』Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions Inc.

B・マーレイ&A・ドライヴァー主演! ジャームッシュ監督がゾンビ映画を撮ったらこうなった

日ごろスマホを触っていると、いつの間にか夢中になり、自分自身がスマホに操作されているんではないかという気持ちになることがある。そして自宅で、喫茶店で、気付いたらコーヒーを飲み、タバコを吸っている。僕がタバコを咥えているのではなく、タバコが僕に咥えさせているんではないか? “実態”とはなんぞや……なんてところにまで考えが及んでしまう。

『デッド・ドント・ダイ』© 2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.

2020年、やっとこさジム・ジャームッシュ監督の新作『デッド・ドント・ダイ』が日本で公開となる。本作にも主演するアダム・ドライヴァーの『パターソン』、同じく出演者のイギー・ポップ率いるザ・ストゥージズのドキュメンタリー『ギミー・デンジャー』(共に2016年)から、約4年ぶりの監督作である。

『デッド・ドント・ダイ』© 2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.

本作の舞台は“センターヴィル”というアメリカ郊外の田舎町。あるとき突如として動物たちが異常行動を始め、スマホやラジオ、時計、日照時間までもが狂いだす。それを発端に死者が墓から蘇り、ゾンビとなって町を闊歩しはじめた。そして、ダイナーで凄惨な殺人事件が起こったことにより、町に3人しかいない警察官のクリフ(ビル・マーレイ)、ロニー(アダム・ドライヴァー)、ミンディー(クロエ・セヴィニー)が捜査に乗り出すことに…‥と聞くと「ステレオタイプなゾンビ映画じゃん」と思ってしまうような内容だが、実はちょっぴり違う。

『デッド・ドント・ダイ』Credit : Frederick Elmes / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

まず、町が混乱状態に陥っているにもかかわらず、事件に対して特に説明されない。しかもクリフとロニーはパニックに陥るでもなく、ぬる~い温度感で事件を追う。例えるならば友達同士コンビニ前で、なんてことのないネットゴシップについて「なんだろね~これ」などと言い合っているレベルだ。ただし、その温度感は本作が従来のホラー映画にありがちな“効果音で驚かせる”といった安直な演出をしていないところにも通じていて安心する。

『デッド・ドント・ダイ』Credit : Frederick Elmes / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

猛烈にユルい展開ながら個性豊かな登場人物たちが暗示する現代社会へのメッセージ

スリルとはかけ離れた雰囲気でストーリーが進んでいくうちに、徐々にゾンビの生態がわかってくる。ゾンビたちはとりあえず町中を歩いているだけで、人を襲うことが第一目的ではないということ。そして、生前に依存していた物(スマホやWi-Fi、コーヒー、楽器など多岐にわたる)を求めて彷徨っているということ。これについて監督は、生前の趣味嗜好を求めるゾンビは、物事に支配されがちな現代人の比喩であると語っている。

『デッド・ドント・ダイ』Credit : Frederick Elmes / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

かように現代人の比喩として描かれるゾンビは、比較対象を効率的に演出するためのメタファーのようにも感じられる。町の住民たちから“世捨て人”と呼ばれているホームレスのボブ(トム・ウェイツ)はマイノリティということになるが、たったひとり自給自足で生きている彼は、他の何にも支配されていない。ということは、支配されている側である住民たち(現代人)と比べて、むしろマジョリティとしての自由を謳歌しているように見えてくる。

『デッド・ドント・ダイ』Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions Inc.

また、更生施設に入れられている子供たちは、鈍感な大人たちと違ってTVで報道される地球の自転異常に対して敏感に反応していたりする。これは、子供たちが置かれている状況=更生施設=囚われている=若者が現代社会に感じている閉塞感、とも捉えられる。ゾンビ・パニックをきっかけに施設を抜け出す子供たちの描写は、監督が現代の若者たちに一縷の希望を見出しているということなのかもしれない。

『デッド・ドント・ダイ』© 2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.

こう書くと、重いテーマなのかな? と思ってしまうけれど、決してそんなことはない。シニカルながらもユーモアを忘れない演出や、ベタな小ネタ(アダムの『スター・ウォーズ』ネタもあり)、豪華キャストによるウィットの効いた小気味よい会話を楽しんでいると、まったく理解できないバカバカしいクライマックスを迎える頃には、なんだか妙に納得させられているのだった。

『デッド・ドント・ダイ』© 2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.

文:巽啓伍(never young beach)

『デッド・ドント・ダイ』は2020年6月5日(金)より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『デッド・ドント・ダイ』

警察官が3人しかいないアメリカの田舎町センターヴィルで、前代未聞の怪事件が発生した。無残に内臓を食いちぎられた女性ふたりの変死体がダイナーで発見されたのだ。困惑しながら出動した警察署長クリフと巡査ロニーは、レイシストの農夫、森で野宿する世捨て人、雑貨店のホラーオタク青年、葬儀場のミステリアスな女主人らの奇妙な住民が暮らす町をパトロールするうちに、墓地で何かが地中から這い出したような穴ぼこを発見。折しも、センターヴィルでは夜になっても太陽がなかなか沈まず、スマホや時計が壊れ、動物たちが失踪する異常現象が続発していた。

やがてロニーの不吉な予感が的中し、無数の死者たちがむくむくと蘇って、唖然とする地元民に噛みつき始める。銃やナタを手にしたクリフとロニーは「頭を殺れ!」を合言葉に、いくら倒してもわき出てくるゾンビとの激闘に身を投じるが、彼らの行く手にはさらなる衝撃の光景が待ち受けていた……。

制作年: 2019
監督:
脚本:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • ジャームッシュ初のゾンビ映画! B・マーレイ&A・ドライヴァーのオフビート・コメディ『デッド・ドント・ダイ』