マーベルほか注目作が続くネクストスター!アカデミー賞ノミネートのフローレンス・ピューが語る『若草物語』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:小西未来
マーベルほか注目作が続くネクストスター!アカデミー賞ノミネートのフローレンス・ピューが語る『若草物語』
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』© HFPA

名作「若草物語」の著者ルイーザ・メイ・オルコットの恋を綴った『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』が2020年3月27日(金)全国ロードショーとなる。マーチ家の四姉妹を演じるのは、人気若手女優シアーシャ・ローナン(次女・ジョー)、エマ・ワトソン(長女・メグ)、エリザ・スカレン(三女・ベス)、フローレンス・ピュー(四女・エイミー)。そして、脇を固めるのはローラ・ダーンとメリル・ストリープという豪華布陣。そんな豪華女優陣の中から、第92回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたフローレンス・ピューが『若草物語』の撮影現場での秘話や、2020年5月1日公開予定のMCU最新作『ブラック・ウィドウ』への意気込みをを語る。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』フローレンス・ピュー© HFPA

―本作のどこに惹かれましたか?

個人的には家族関係に深く共感しました。姉妹同士だけじゃなくて、家族みんなの関係ね。1人1人が家族全員に影響を与え合っているところ。姉妹がそれぞれ独自の個性を持っていて、異なる選択をするのも面白いわ。いまの時代、女性は強くて、どんなことがあっても前進しなきゃいけないと思われがちだけど、グレタ(・ガーウィグ監督)がこの作品で示したのは、そういうことをしたくなくても、それは間違いではないということ。エマ(・ワトソン)がシアーシャ(・ローナン)に「私の夢はあなたのとは違っているけど、だからといって重要じゃないということにはならない」と言うセリフがあるの。これはとても重要で、いまの時代に必要なメッセージだと思う。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

―あなたが演じたエイミーと共通点はありますか?

この役を演じて、図々しい態度を取るのが好きだってことに気づいたわ。いたずら好きだったり、クセのあるキャラクターに惹かれがちで、実際、これまでに私が演じたキャラクターのほとんどがそうなの。それはやっぱり、自分に合ってるからだと思う。エイミーっていうのは強情の塊で、そんな彼女を3ヶ月ものあいだ演じることができたのは幸せだった。もしかしたら、私もこういうタイプになっていたかもしれないと思いながら、演技を楽しんだわ。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

―数年前からネクストスターとして注目されていますが、そのことについてはどう思いますか?

良い理由でリストに載るのであれば、それは常に歓迎すべきことよね。みんなが注目してくれてるんだと意識すると、プレッシャーがかかってくる。これには良い面と悪い面があるわ。常に良い仕事をしていかなきゃいけないわけだから。ただ、(『トレイン・ミッション』『ファイティング・ファミリー』『ミッドサマー』など)これまでの出演作を見てわかるように、私はいろんなジャンルの作品が好きなの。好きな企画、好きな監督が私を突き動かしている。注目されることで変わったのは、作品選びの早さね。いろんな企画をテンポ良くこなして、たとえひどい仕事をしても、次の作品で許してもらえるようにしてるの(笑)。

―メリル・ストリープとの共演はいかがでしたか?
期待していた通り、最高の経験でした。メリルとの撮影期間は1週間あって、エイミーは彼女が演じるマーチおばさんのペットみたいな存在だから、共演場面がたっぷりあったの。メリルが現場に初めてやってきたとき、セットに心地のよい温かな風が吹いたの。メリルが美しいドレスで現れると、現場の誰もがひきしまった顔になった。最高の仕事をしなきゃいけない、っていう風にね。私はというと、メリルのこれまでの出演作を全部見て、彼女のことを知り尽くしている気がしていたから、「メリル!」って叫んびながら、抱きついてしまったの(笑)。

―いきなりですか(笑)。
うん。幸い、彼女は優しく受け入れてくれたの。もっと若いとき、自分が憧れている人と共演することになったら、自分はどうなるんだろうと想像したことがあるの。緊張して演技ができなくなるのかな?それとも、偉大な役者さんと共演させてもらって、演技がものすごく簡単になるのかしら、って。で、実際には後者になった。メリルはすべてを自然に、簡単にしてくれたの。たとえ、こちらがミスをしても、それを補うだけじゃなくて、さらに良いものに変えてしまう。信じられないほど寛大で、自分のほっぺをつねりたくなるような1週間だったわ。

―最後にMCU最新作『ブラック・ウィドウ』(2020年)であなたが演じるキャラクターを教えてください。

スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフの妹のようなキャラクターを演じてるの。ケイト・ショートランド監督が素晴らしくて、実は以前から彼女の作品のファンだったの。たとば『ベルリン・シンドローム』(2017年)なんて、恋に落ちた2人がとんでもない展開に陥るわけだけど、ショートランド監督は観客を主人公2人に共感させつづけることに成功している。そんな彼女がこの映画でメガホンを取るときいて興奮したわ。実際、とてもユニークで、特別で、ときに痛々しいような作品ができた。まさにナターシャ・ロマノフのファンが待ち望んでいた映画で、みんなに見てもらうのが楽しみで仕方がないわ。

取材・文:小西未来

 

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

ルイーザ・メイ・オルコットの世界的ベストセラー⼩説『若草物語』を、『レディ・バード』でその類まれなる表現⼒で映画界に新⾵を巻き起こしたグレタ・ガーウィグ監督が繊細に、そしてみずみずしく描く――。

制作年: 2019
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • マーベルほか注目作が続くネクストスター!アカデミー賞ノミネートのフローレンス・ピューが語る『若草物語』