偽札&二丁拳銃 どこを切ってもチョウ・ユンファ! 超“挽歌”なサスペンス『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
偽札&二丁拳銃 どこを切ってもチョウ・ユンファ! 超“挽歌”なサスペンス『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』
『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』©2018 Bona Entertainment Company Limited

『男たちの挽歌』で育った世代がチョウ・ユンファに恩返し!?

あのチョウ・ユンファ主演最新作『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』(2018年)が、ついに日本公開! 香港ノワールの金字塔『男たちの挽歌』(1986年)で世界的スターとなったユンファが、偽札製造集団を率いる謎多き男“画家”を演じ、『モンキー・マジック 孫悟空誕生』(2014年)や『コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義』(2016年)で共演したアーロン・クォックとがっぷり四つを組んだクライム・サスペンスだ。

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』©2018 Bona Entertainment Company Limited

ユンファと偽札にガンアクションって、それ『男たちの挽歌』じゃん! とツッコみたくなる映画ファンは少なくないと思うが、そういう感覚で観ていただいて構わないというか、“挽歌なユンファ”の帰還を大いに祝いたくなる作品であることは間違いない。

実際、札束を燃やしタバコに火を付けるあの仕草や、腕をピーンと伸ばした2丁拳銃乱射など、あまりにもどストレートに挽歌なユンファに焦点を当てた予告映像もあるくらいなので、そのへんは推して知るべしである。

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』©2018 Bona Entertainment Company Limited

天才的贋作画家が偽札製造の底なし沼に引きずり込まれる!

本作の(一応)主人公はクォック演じる贋作画家レイで、偽札製造集団の一員として取り調べを受けるなかで80年代にまで遡り、自身の過去と“画家”について語り始めるところから物語が始まる。売れない画家だったレイは絵画の贋作で食いつないでいたが、彼の作品を偽物と見抜いた画家にその腕を買われ、「主役になりたいなら連絡をくれ」とオファーされ、やぶれかぶれで偽札製造に加担することになる。

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』©2018 Bona Entertainment Company Limited

そんなイジケ画家レイのかつての恋人であり、超売れっ子の画家ユンを演じるのはチャン・ジンチュー。役所広司主演の多国籍映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(2019年)での体当たりアクションも記憶に新しいジンチューが、手を汚してしまった元恋人を密かに想い続ける女性を(2人ぶん)好演している。モーレツに男くさい物語ではあるが、ジンチュウのほかキャサリン・チャウやジョイス・フォンなど美女キャストも見逃せない。

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』©2018 Bona Entertainment Company Limited

画家が率いる偽札製造集団も、原版技師に管理役、警備担当、輸送担当が揃っていて、各々のスキルをチラ見せすることで、いわゆるチームもの映画特有の燃える雰囲気を醸成。紙幣の製造過程もおろそかにせず、まるで科学番組のようにじっくり分かりやすく説明してくれるので、その後の展開がいっそうスリリングになるというわけだ。また、基本クールなユンファが取引のためにベタな変装&演技を披露したりと、何気に細かい見どころ(笑いどころ)も多い。

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』©2018 Bona Entertainment Company Limited

終盤は壮絶な銃撃アクションに突入!『挽歌』なユンファが大暴れ

意外なほど平和な製造過程を経て中盤、国外でドンパチを繰り広げたことからチームにカナダ警察の捜査が忍び寄る。さらに取り引きのゴタゴタからアクションパートに突入し、まるで『ランボー』シリーズ(1982年~)か『コマンドー』(1985年)のような壮絶な銃撃戦&大爆発に発展! ここでユンファの横飛射撃や2丁拳銃、さらに両手ライフル乱射まで飛び出すのだが、あまりの『挽歌』ぶりにファンでなくとも思わず口角が上がってしまうことだろう。

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』©2018 Bona Entertainment Company Limited

こんな状況でも色恋かよ! とか、1丁で何発撃ってんだよ! などという愛すべきツッコミどころを含め、隅々までチョウ・ユンファへのリスペクトにあふれた『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』の脚本・監督を手掛けたのは、00年代の名作『インファナル・アフェア』の脚本家フェリックス・チョン。あまりにも衝撃的(どんでん返し的)なラストは香港映画ファンでなくとも必見だ。

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』©2018 Bona Entertainment Company Limited

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』は2020年2月7日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』

カリスマ性に溢れたミステリアスな男―“画家”。彼が率いるエキスパート揃いの偽札製造チームにスカウトされた“贋作の名人”レイは、最新テクノロジーの進化をあざ笑うように数々の難題を攻略しながらも、犯罪の連鎖に巻き込まれていく―。

制作年: 2018
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 偽札&二丁拳銃 どこを切ってもチョウ・ユンファ! 超“挽歌”なサスペンス『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』