「C・ベイルに減量の助言を求めたんだけど……」マット・デイモンが語る愛車の思い出と『フォードvsフェラーリ』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:小西未来
「C・ベイルに減量の助言を求めたんだけど……」マット・デイモンが語る愛車の思い出と『フォードvsフェラーリ』
『フォードvsフェラーリ』マット・デイモン© HFPA

アカデミー賞有力候補との呼び声高い伝記映画『フォードvsフェラーリ』が、2020年1月10日(金)よりついに日本公開。本作で元レーサーの伝説的カーデザイナー、キャロル・シェルビーを演じたマット・デイモンに、共演のクリスチャン・ベイルや思い出の車について聞いた(クリスチャン・ベイルのインタビューはこちら)。

『フォードvsフェラーリ』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

「車作りと映画作りには共通する部分がある」

―あなたが演じるキャロル・シェルビーは、クライアントであるフォード社のご機嫌を取りながら、理想のレーシングカー作りを模索することになりますが、これは映画を作るときのあなたとスタジオとの関係に似ていませんか?

確かに、映画作りと共通するところはあるね。シェルビーはフォードなしに車を作ることができないし、フォードもシェルビーなしでは不可能だ。お互いがお互いを必要としていて、それは映画も同じだ。これまでのぼくは、とても幸運だった。映画スタジオとの仕事で対立したことがない。そういう話はよく耳にするけれど、ぼく自身は悪い経験をしたことがないんだ。たいていの場合、ぼくらは共通の目的を持っていて、ぼくは彼らの需要や期待を理解し、彼らもぼくのことを尊重してくれていたからね。

『フォードvsフェラーリ』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

―この映画を制作した20世紀フォックスが、ディズニーに買収されたことはどう思いましたか?

20世紀フォックスは大きな会社だったから、もっと大きな会社に飲み込まれることになるとは想像もしなかったよ。買収の知らせを聞いて、この映画が他の超大作にかき消されてしまうんじゃないかという点がもっとも不安だった。ディズニーといえば、ありとあらゆる知的財産を保有しているからね。でも、幸いなことにこの映画を高く評価してくれて、最適な全米公開日を設定してくれたんだ。

「クリスチャン・ベイルは禅僧のような厳格さがある、とんでもない役者」

『フォードvsフェラーリ』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

―役作りに没頭するクリスチャン・ベイルとの共演はいかがでしたか?

たしかに彼は映画の撮影期間のあいだ、話し方から体型まで、演じるキャラクターそのままで過ごす。おそらく自宅に帰ったときもそうだ。だが、常にケン・マイルズとして対応しているわけじゃない。体型や訛りなどはケン・マイルズだが、話す内容はクリスチャン・ベイルそのものだよ。奥さんのことや子供たちのことを普通に話してくれる。中身まで完全になりきっているといわけじゃないんだ。「俺をケン・マイルズと呼べ」とか、「クリスチャンって誰だ?」なんて言うタイプではないんだ(笑)。

―(笑)。

『フォードvsフェラーリ』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

彼の勤務態度や献身的な姿勢に、ぼくはつくづく感心した。彼はこの映画に出演するために70ポンド(約32キロ)も減量しなくてはいけなかったんだ。その前に『バイス』(2018年)でディック・チェイニー役を演じるために太っていたからね。でも、彼は短期間であっという間に減量してみせた。ぼく自身、映画のために体重を調整しなきゃいけないことがあるから、「どうやって痩せたの?」って、彼に助言を求めたんだ。きっとローカーボだとか、合気道を取り入れたとか、何らかのメソッドを紹介してくれることを期待していた。でも、彼の返答は「食わなかっただけ」と(笑)。

―彼らしいですね(笑)。

僕は言葉を失ってしまって、「そ、そう。そういうやり方もありだよね」なんて(笑)。

―(笑)。

クリスチャンには禅僧のような厳格さがある。しかも、それをたいしたことだとは思っていない。もし、ぼくがそんな努力をしていたら、世界中のみんなに苦労を知って欲しいと思う。減量がどれだけ大変だったか自慢するね。毎日20キロ走らなければいけなかったとか、好物を食べることができなかったとか。でも、彼はそういったことを話さない。本当に、とてつもない役者だと思う。

『フォードvsフェラーリ』©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

「ベン・アフレックと2人で、最初の給料を僕らの夢の車につぎ込んだよ」

―これまで乗ってきた中で、思い出の車はなんですか?

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997年)の脚本が売れたとき、ベン(・アフレック)とぼくは、一緒にジープのグランドチェロキーを買ったんだ。まったく同じ車だ。しかも、どちらも同じ色の車を欲しがっていたから、コイントスで決めた。さすがに同じ車種で同じ色だと友達にバカにされると思ってね。

―それで、何色になったんですか?

ぼくが勝ったから、もともと欲しかったグリーンを選んで、ベンがブラックを選ぶことになった。グランドチェロキーはぼくらにとって夢の車だった。最初にもらった大きな給料を、夢の車につぎ込んだというわけなんだ(笑)。

『フォードvsフェラーリ』マット・デイモン© HFPA

取材・文:小西未来

『フォードvsフェラーリ』は2020年1月10日(金)より全国ロードショー

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『フォードvsフェラーリ』

元レーサーのカーデザイナー、キャロル・シェルビーのもとに、巨大企業フォードから信じがたいオファーが届く。それはル・マン24時間レースで6連覇中の王者、フェラーリに対抗できる新たなレースカーを開発してほしいとの依頼だった。心臓の病でレース界から身を退いた苦い過去を持つシェルビーは、そのあまりにも困難な任務に挑むため、型破りなドライバー、ケン・マイルズをチームに招き入れる。しかし彼らの行く手には、開発におけるメカニックなトラブルにとどまらない幾多の難題が待ち受けていた。それでもレースへの純粋な情熱を共有する男たちは、いつしか固い友情で結ばれ、フェラーリとの決戦の地、ル・マンに乗り込んでいくのだった……。

制作年: 2019
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 「C・ベイルに減量の助言を求めたんだけど……」マット・デイモンが語る愛車の思い出と『フォードvsフェラーリ』