『シャークネード』脚本家の監督作! 大災害×家族の絆 というテッパンに便乗した『ジオディザスター』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:知的風ハット
『シャークネード』脚本家の監督作! 大災害×家族の絆 というテッパンに便乗した『ジオディザスター』
『ジオディザスター』
発売中
価格:¥4,800+税
発売:アルバトロス

商売熱心なアサイラムは見逃さなかった。ディザスター映画の秀作『ジオストーム』に便乗!

ほんの1~2年ほど前だが、『ジオストーム』(2017年)というディザスター・ムービーが日本でも公開された。ストーリーそのものは単純明快かつありがちで、やや勢いまかせなところがあるものの、大迫力の自然災害パニック演出とハリウッド的エンターテインメント文法に従っているがゆえに肩の力を抜いて楽しめるプロットとの相性はよく、この手の映画としては十二分に満足のいく完成度。監督が『スターゲイト』(1994年)や『インデペンデンス・デイ』(1996年)の製作・脚本を務めたディーン・デヴリンだと聞けば、作品の傾向と大体のノリにも察しがつくだろう。

もちろんそんな大作に、あの米国の映画会社・アサイラムが便乗していないはずがなかった。商売熱心な彼らは今日も今日とて、『ジオストーム』に乗っかったモックバスターを製作している。その名は『ジオディザスター』(2017年)だ。

『ジオディザスター』©2017 SLIGHTLY DISTORTED, LLC. All Rights Reserved.

「未曽有の天変地異×ぎくしゃく家族=深まる絆」テッパンすぎるストーリー展開

あまりに毎回“そういう映画”を作り過ぎていて、それだけではもうパンチが弱いかもしれないが、それはさておき今回はアサイラムが映画業界に起こした旋風『ジオディザスター』を紹介していこう。ちなみに本作は、あの『シャークネード』シリーズ(2013年~)で1作目から4作目までの脚本を担当していた、サンダー・レヴィンが監督及び脚本を務めている。ちょっとした豆知識だが、ここで覚えておくと今後「あの『ジオディザスター』の監督って誰だっけ?」と友達から尋ねられたときに役立つだろう。

『ジオディザスター』©2017 SLIGHTLY DISTORTED, LLC. All Rights Reserved.

突如として宇宙の彼方から、すさまじい“暗黒物質(ダークマター)”が飛来。地球を貫通してしまった結果、その影響によって発生した天変地異が世界を包み込む。

『ジオディザスター』©2017 SLIGHTLY DISTORTED, LLC. All Rights Reserved.

同じころロサンゼルスで、ややぎくしゃくした親子関係に悩んでいたメイソン一家。キャンプに出かけていた父親・マットと息子、自宅マンションにいた母親・ジョハンナと二人の娘は、それぞれ別の場所で大地震に襲われる。

『ジオディザスター』©2017 SLIGHTLY DISTORTED, LLC. All Rights Reserved.

家族は分断され、人々は暴徒と化し、文明は崩壊間近。おまけにマグマや津波、台風といった数多の災害が、平凡な一家庭に過ぎないメイソン一家に迫る。果たして彼らは無事に合流して、人類滅亡の危機から逃げ延びることはできるのか……。というのが本作の概要である。

『ジオディザスター』©2017 SLIGHTLY DISTORTED, LLC. All Rights Reserved.

なんだか以前にも、似たようなアサイラム作品を紹介した気がする。というより、ちょうど2019年4月に私が紹介したアサイラムのディザスター映画『カリフォルニア・ディストラクション』(2015年)と、わりと内容がカブっているのである。例によってロサンゼルスが壊滅し、人間関係に問題を抱えた家族が互いを求めて奮闘し、津波やらなにやらで街全体が滅びる寸前になんとか助かって、絆が深まる……というやつだ。

もっとも、それはアサイラム作品に限らず超大作から低予算B級映画まで、古今東西のあらゆるディザスター映画で頻繁に使われるフォーマットであるため、あまり糾弾することでもないだろう。ほかに何か別の新しい見所があればの話だが。

『ジオディザスター』©2017 SLIGHTLY DISTORTED, LLC. All Rights Reserved.

“本作独自の見所らしい見所”というものを無理に挙げていくと、おばあちゃんが作ったジャムみたいなCGのべちょべちょマグマや、画面の左から右、右から左へと文字通り“右往左往”して逃げ惑うばかりのエキストラ、急な坂道を疾走するスライディングテント、地震の演出ついでにしょっちゅうプルプルしているカメラなど、どうもネタ寄りに皮肉っぽくなってしまって、まともな見所が語りにくいのは問題かもしれない。

『ジオディザスター』©2017 SLIGHTLY DISTORTED, LLC. All Rights Reserved.

例えば同じ脚本家が関わった『シャークネード』の1作目(2013年)などは、プロットこそオーソドックスなディザスター映画そのままだが、“空から降ってくるサメ”、“街のその辺を泳ぐサメ”、そして“チェーンソー”と、オリジナリティーにあふれていた。“サメ”という分かりやすい“倒すべき悪役”も存在する。

対して本作は、パニック映画のテンプレートに無難に沿いつつ、アサイラム本社を中心に車で行けそうな範囲をゆる~く冒険するばかり。そして『カリフォルニア・ディストラクション』と違って、あのデカいカバも出ない。ふざけて聞こえるかもしれないが、そうしたフックの有無はバカにならないのだ。

『ジオディザスター』©2017 SLIGHTLY DISTORTED, LLC. All Rights Reserved.

と、少々当たりの強いレビューになってしまったが、実際のところいつものアサイラム作品と“良くも悪くもそう大差ない”。あの『シャークネード』シリーズの脚本家が関わっているという期待値で、個人的にハードルを上げてしまっているところもあるので、アサイラムを愛する皆様はぜひともご自分の目で鑑賞し確認して頂きたい。

文:知的風ハット

『ジオディザスター』はCS映画専門チャンネル ムービープラス「アサイラム・アワー」にて2019年12月放送

【BANGER!!! 開設1周年記念プレゼント】

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ジオディザスター』

宇宙から飛来した“暗黒物質(ダークマター)”が地球を貫通。世界各地を大地震が襲い、メイソン一家も危機に直面していた。壊滅したロサンゼルスで必死に生き延びようとするジョハンナと娘たち。山に出掛けていたマットと息子も溶岩に追われ、過酷なサバイバルに挑む!

制作年: 2016
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 『シャークネード』脚本家の監督作! 大災害×家族の絆 というテッパンに便乗した『ジオディザスター』