人気映画あるある“続編の不安要素” を全て魅力に変換! 爆笑必至『ゾンビランド:ダブルタップ』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
人気映画あるある“続編の不安要素” を全て魅力に変換! 爆笑必至『ゾンビランド:ダブルタップ』
『ゾンビランド:ダブルタップ』© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

1作目のトンマナは引き継ぎつつ魅力な新キャラ投入でフレッシュ倍感!

ゾンビ(・コメディ)映画の概念を変えた大ヒット作『ゾンビランド』(2009年)から10年、まさかの続編『ゾンビランド:ダブルタップ』が2019年11月22日(金)より公開中! ジェシー・アイゼンバーグ、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリンのオリジナル・キャストはそのままに、超個性的な新キャラクターや“新ルール”も登場する意欲的な内容で、今回もスマッシュヒットを飛ばしている。

『ゾンビランド:ダブルタップ』© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

正直、第1作目のファンとしては続編に対する不安は少なくなかったはずだ。4人の主要キャラクターが織りなすアンサンブルが完璧だっただけに、10年後をどう描くのか? 各々がどう変化しているのか? 等々、必須要素が改悪されていたら……? という懸念は充分に理解できるし、その辺りを確認してやろうという気持ちで鑑賞に挑んだファンもいたはずだ。

『ゾンビランド:ダブルタップ』© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

しかし『ゾンビランド:ダブルタップ』は、そんなファンにこそ観てほしい続編に仕上がっているのでご安心を。本作を成功たらしめたのは、一番の不安要素でもあった新キャラのひとり、マディソンというのは意外だったが、ここ数年のコメディ映画全体で見ても1、2を争うほど魅力的なキャラ造形で、彼女のスピンオフ作品の製作も待ったなしというレベル。本作を支えたマディソンの魅力は、ぜひこちらの記事で確認していただきたい。

『ゾンビランド:ダブルタップ』© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

絶妙なキャスティングが光る! 男性陣の完コピ2人組や新ゾンビも登場

本作では他にも、主人公パーティーのコロンバス(アイゼンバーグ)とタラハシー(ハレルソン)を完コピしたようなキャラ、アルバカーキ(ルーク・ウィルソン)とフラッグスタッフ(トーマス・ミドルディッチ)も中盤の笑いに大いに貢献している。特にミドルディッチは、スタートアップの起業を目指すオタクたちを描いた人気ドラマ『シリコンバレー』(2014年~)に主演しているだけあって、早口オタク演技のアイゼンバーグ(のウザさ)とばっちりシンクロしていて爆笑必至だ。

またウィルソン弟ことルークも、ハレルソンの下位互換的な似非ワイルド野郎を嬉々として演じていて、いつ死んでも惜しくない存在感が安心かつ楽しい。さらに、ロザリオ・ドーソン演じるネバダはタランティーノ映画に出てきそうなポップな艶めかしさを持った硬派な女性キャラで、ここぞ! というシーンで大活躍してくれる。

リトルロック(ブレスリン)を虜にするヒッピー野郎、バークレーを演じたアヴァン・ジョーギアの軽音サークルにいそうな軽薄さも秀逸だ。

かように不安要素が全てメリットに転じた奇跡の続編『ゾンビランド:ダブルタップ』は、1作目のファンもご新規さんも全力で楽しめる続編である。作品世界の根幹となっている“生き延びるためのルール”を脅かす新たなゾンビたちも登場し、ド派手なクライマックスシーンに文字通り血ヘドを吐きながら飛び込んでくれているので、ゾンビ好きの皆さんはその辺りもお見逃しなく。

『ゾンビランド:ダブルタップ』は2019年11月22日(金)より全国ロードショー

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ゾンビランド:ダブルタップ』

2009年、地球は爆発的なウィルス感染により人類はゾンビと化し、数少ない生き残りの1人であるアメリカ・テキサス州の生存者、コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は「生き残るための32のルール」を作り、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)ら仲間と共に、お互いを支え合ったり、裏切ってみたり、恋したり、親の気持ちになったりしながら、明るくゾンビ社会を生き抜いていた。
――あれから10年。2019年の地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはさらに進化を遂げていた! なんだかんだで“ファミリー”の4人は、さらにパワーアップさせた73!?のルールで、生き残りをかける!!

制作年: 2019
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 人気映画あるある“続編の不安要素” を全て魅力に変換! 爆笑必至『ゾンビランド:ダブルタップ』