『ドクター・スリープ』は『シャイニング』続編として観るか、恐怖の超常アクションとして観るか

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:杉山すぴ豊
『ドクター・スリープ』は『シャイニング』続編として観るか、恐怖の超常アクションとして観るか
『ドクター・スリープ』©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

主人公は成長したダニーとサイキック少女! 対するは霊気を吸って生きながらえる謎の集団

この作品は支持/不支持が分かれるかもしれません。映画自体は大変おもしろいホラー・エンタテインメントです。ただ、スタンリー・キューブリックの映画『シャイニング』(1980年)の続編でもあるわけで、前作とはトーンが違う。従って、前作のムードとかあの再現を期待しすぎると、キューブリックが監督しているわけではなく、そこに応えているわけでもありません。また、いまキング原作の映画で人気作なのは『IT/イット』2部作(2017年~)であり、『IT/イット』と『シャイニング』のどっちが好きか、ということもあるでしょうね。

『ドクター・スリープ』©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

僕としては、とても気に入りました。ストーリーはある意味シンプル。この世には、いわゆる霊感・透視能力を持ったサイキックが存在します。しかし、その能力は大人になるとだいたい消えてしまう。一方、この能力=霊的エネルギーを吸収して生きながらえるトゥルーノット(真結族)という集団がいます。血のかわりに霊気を吸うヴァンパイアたちですね。こうした霊的能力は子どもの方が強く持っているわけですから、必然的にトゥルーノットは子どもを襲います。

並外れた能力を持つ少女アブラは、その霊的感知能力でトゥルーノットによる少年惨殺を“目撃(霊視)”してしまいます。その一方で、テレパシー能力を使ってある人物と幼少時代からシンクロしていたのです。その人物こそ、ドクター・スリープと呼ばれる中年男性ダニーでした。彼も幼少の頃からサイキックであり、しかし大人になってもその能力が消えていないのです。こうしてアブラとダニーは、トゥルーノットと戦うハメになるのです。

『ドクター・スリープ』©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

斬新なバトル描写としっかり怖いホラー要素が見もの!

ダニーは幼少のころ、自身の能力を“シャイニング”と呼んでいました。しかし、そのシャイニングにより山荘ホテル<オーバールック・ホテル>に棲みつく死霊たちを呼び寄せてしまい、結果、父親がそれらにとりこまれて母親と一緒に殺されかけた過去を持っています(その時はハロランという黒人のサイキックに助けられるのですが)。この少年時代のエピソードを描いたのが『シャイニング』なのです。とはいえ『シャイニング』を観ていなくても、この設定だけ分かっていれば『ドクター・スリープ』は十分楽しめます!

『ドクター・スリープ』©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

そして物語は、アブラとダニーのサイキックVSトゥルーノットVSホテルの死霊たち、というサイキック・バトルになっていきます。そう、舞台が目まぐるしく変わり、アクション色が強いのです。閉鎖空間を舞台にジワーと悪意が迫ってくる前作『シャイニング』とは大きく異なるため、ここが好き・嫌いの分かれ目になるでしょう。『エイリアン』(1979年)と『エイリアン2』(1986年)の違いといいますか(笑)。

そんな『ドクター・スリープ』ですが、怖いところはしっかり怖い。僕は、霊気を吸い取るヴァンパイアって噛みつくわけではないし“地味”だなと思っていたのですが、大間違い。能力者を怖がらせて、心身ともに痛めつけた方が“良い霊気”が出る、というとんでもない設定があって、被害者を徹底的にいたぶるのです。ここが本当に残酷。さらに、発散された霊気にわっと群がるシーンの不気味なこと!

試練と葛藤を経たダニーがオーバールック・ホテルに立ち向かう!

『ドクター・スリープ』© 2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

少年時代の恐怖と大人になって立ち向かう様子を二部作的に描くという意味では、『シャイニング』と『ドクター・スリープ』は『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』と『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』と同様です。そして『IT/イット』シリーズのペニーワイズに該当するのが、『シャイニング』シリーズのオーバールック・ホテルなのです。

『シャイニング』の続編として、どうか? にこだわりすぎず、あくまでひとつのサイキック・アクションものとして、十分に楽しめるハズです。それにしても、主人公をユアン・マクレガーが演じているから“シャイニング”の力が『スター・ウォーズ』サーガの“フォース”に思えてなりませんでした(笑)。

文:杉山すぴ豊

『ドクター・スリープ』は2019年11月29日(金)より全国ロードショー

『シャイニング』CS映画専門チャンネル ムービープラスにて2019年12月放送

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ドクター・スリープ』

40年前の惨劇を生き延びたダニーは、心に傷を抱えた孤独な大人になっていた。父親に殺されかけたトラウマ、終わらない幼い日の悪夢。そんな彼のまわりで起こる児童連続失踪事件。
ある日、ダニーのもとに謎の少女アブラからメッセージが送られてくる。彼女は「特別な力(シャイニング)」を持っており、事件の現場を“目撃”していたのだ。
事件の謎を追うダニーとアブラ。やがて2人は、ダニーにとって運命の場所、あの“呪われたホテル”にたどりつく。

制作年: 2019
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 『ドクター・スリープ』は『シャイニング』続編として観るか、恐怖の超常アクションとして観るか