カルト団体から旅館を守れ! 『カメ止め』上田慎一郎監督長編第2弾『スペシャルアクターズ』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
カルト団体から旅館を守れ! 『カメ止め』上田慎一郎監督長編第2弾『スペシャルアクターズ』
『スペシャルアクターズ』©松竹ブロードキャスティング

失神発作持ちの売れない役者がカルト団体に戦いを挑む!

『カメラを止めるな!』(2018年)に続く上田慎一郎監督、待望の長編劇映画第2弾『スペシャルアクターズ』が2019年10月18日(金)公開より公開。いまや日本を飛び出し、世界中で大フィーバーを巻き起こしている『カメ止め』のプレッシャーを観客が勝手に心配する中、上田監督は一体どんな作品を作り上げたのか!?

『スペシャルアクターズ』©松竹ブロードキャスティング

『スペアク』の物語は、売れない(というか仕事がまったくない)役者の和人が久しぶりに弟の宏樹と出会い、依頼人のプライベートの問題を芝居で解決する不思議な俳優事務所<スペシャルアクターズ>を紹介されるところから始まる。ある日、怪しいカルト団体に乗っ取られたという旅館の娘から依頼を受け、事務所総出でミッションに挑むことになる……というのが大筋だ。しかし和人は、緊張がピークに達すると失神するという、役者としては致命的な発作の持ち主だった!

“時と場所を選ばず発作を起こす”という、ある意味『ジョーカー』(2019年)と同じ持病の主人公という奇跡が起きている時点ですでに笑ってしまう。『カメ止め』でも頼りない風貌のキャストが可笑しみを倍増させていたが、本作はその比ではない。和人を演じる大澤数人は野生のウォンバット並みのビビりオーラを放っていて、さすが本作のために1500人以上の応募者からオーディションで選ばれたキャストの1人である。もし普段からこんな感じだったら本気で心配になるレベルだ。

『スペシャルアクターズ』©松竹ブロードキャスティング

爆笑&吃驚必至! プレッシャーを跳ねのけ上田節がフル炸裂!!

カルト団体<ムスビル>の描写は1から10までバカバカしいが、その存在を完全には否定できないリアリティがあり、信者を食い物にする新興宗教の恐ろしさもしっかり描いているし、某居酒屋チェーンの社長みたいな教団幹部など皮肉が効いた設定にもニヤリとさせられる。ピタゴラスイッチ的なドタバタ描写も相変わらずで、この思わず参加したくなる“楽しそうさ”が上田作品のキモでもあり、観客を製作・キャスト側にどんどん引き込んでいく。没入度が高いだけに、二重三重の裏切り展開には、いつ来るか、もう来るかと身構えていても、まんまと騙されてしまうはずだ。

裏切り展開を期待してしまうのは観客側が『カメ止め』の呪縛に囚われているせいでもあるが、今回も想像を大幅に上回る裏切りっぷりを披露してくれるので、安心して身を委ねてほしい。スペアクの面々が巻き起こすドタバタは小気味よいスリルを味わえるし、かなり特殊な形で発動するものの一応は勧善懲悪のストーリーなので、全面的に主人公たちを応援できる。誰もが感情移入してしまう魅力的な人物を描かせたら、上田監督の右に出る者はいないだろう。

『スペシャルアクターズ』©松竹ブロードキャスティング

めちゃくちゃビックリしたうえに泣きながら大笑いできるなんて、ハリウッドでもそうそうお目にかかれないシロモノだ。上田監督の真価を確かめるのはもちろん、泣いて笑ってスッキリしたい全ての映画ファンにオススメしたい快作である。

『スペシャルアクターズ』は2019年10月18日(金)より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『スペシャルアクターズ』

超能力ヒーローが活躍する大好きな映画を観てため息をつく売れない役者の和人。ある日、和人は数年ぶりに再会した弟から俳優事務所「スペシャルアクターズ」に誘われる。そこでは映画やドラマの仕事の他に、依頼者から受けた相談や悩み事などを役者によって解決する、つまり演じることを使った何でも屋も引き受けていた。そんなスペアクに、“カルト集団から旅館を守って欲しい”という依頼が入る。ヤバ目な連中相手に計画を練り、演技練習を重ねるスペアクの役者たち。しかし、和人にはみんなに内緒にしている秘密があった。極限まで緊張すると気絶してしまうのだ。あろうことか、このミッションの中心メンバーにされた和人。果たして、和人の運命やいかに!?

制作年: 2019
監督:
脚本:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • カルト団体から旅館を守れ! 『カメ止め』上田慎一郎監督長編第2弾『スペシャルアクターズ』