『ハイロー』シリーズ最新作『HiGH&LOW THE WORST』は人気不良マンガとのクロスオーバー! 理想的なコラボで魅力的なキャラがスクリーン狭しと躍動!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
『ハイロー』シリーズ最新作『HiGH&LOW THE WORST』は人気不良マンガとのクロスオーバー! 理想的なコラボで魅力的なキャラがスクリーン狭しと躍動!!
『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

シリーズ入門編としても最適!『ハイロー』を敬遠していた映画ファンにこそオススメしたい最新作

唐突で恐縮だが、映画、特に洋画クラスタの皆さんは『HiGH&LOW』シリーズにどんな印象をお持ちだろうか。あのEXILE HIROが手掛ける総合エンターテインメント企画で……みたいな説明はあえて避けるが、“ハイロー”の通称でお茶の間にも浸透し、EXILE TRIBEのファンに限らず大きな支持を集める一大コンテンツとなっていることは多少なりともご存知だろう。

2015年に始まったテレビドラマ『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』から始まった“ハイロー・サーガ”は、どれを取っても主役級の登場人物/チームの物語を個別に描く映画シリーズへと規模を拡大し、2016年から5作品が公開されてきた。そして2019年10月4日(金)から、6作目となる劇場版最新作『HiGH&LOW THE WORST』が公開され、その完成度の高さと“理想的なコラボ”が多方面で大きな話題を呼んでいる。

『HiGH&LOW THE WORST』はファンの間で「ハイローザワ」、もっと縮めて「ザワ」などと呼ばれているのでそれに倣うが、この『ザワ』が過去シリーズと決定的に異なるのは、不良マンガ界のカリスマ・高橋ヒロシによる人気作品「WORST」とがっつりコラボしている点だ。実写映画化もされた不良マンガの金字塔「クローズ」を手掛けた高橋ヒロシの名は、EXILE関連のコンテンツというだけで「どうせイケメンがたくさん出てくるアイドル映画でしょ?」みたいな印象を抱いているアラフォー世代の皆さんの興味を惹くのには十分な要素だろう。

平成不良マンガの最重要作品のひとつ「WORST」と『ハイロー』の蜜月コラボ!

「WORST」は、1990年に少年誌での連載が始まった「クローズ」の続編として2001年から10年以上にわたって連載された人気マンガ。個性豊かな不良少年が集う鈴蘭高校を舞台に番長の座を、そして敵対する他校の生徒やグループと“ケンカ最強”をかけて戦う日々を描く「WORST」は、80年代から連綿と続く不良マンガの遺伝子を2010年代以降の若者に伝え続けているという意味でも重要かつ貴重な作品だ。

『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

そんな「WORST」が『ハイロー』シリーズとタッグを組んだ『ザワ』は、これまで同シリーズをなんとなく敬遠してきた映画ファンにとっての“入門編”としても最適。そもそも『ハイロー』は高橋ヒロシ作品の遺伝子をビンビンに感じさせていて、5つのチームが牛耳る<S.W.O.R.D.>と呼ばれる地区で起こるイザコザがストーリーの主軸になっているあたり、不良マンガを読んできた世代にはとても馴染み深い設定である。

『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

つまり『ザワ』は、キレッキレのアクション映画が伝統ある不良文化を取り込み、マンガ世界の魅力的なキャラクターが実態を持って躍動するという、どちらのファンにとっても理想的なコラボなのだ。もちろん、この世界観を実現させるには、劇団EXILEを含むEXILE TRIBEのパフォーマーや、気鋭の若手俳優たちの存在が不可欠。どのシーンを切り取ってもボンヤリ突っ立っている人物など皆無で、まるで生ライブを観ているかのような緊張感が漲っていたのは嬉しい驚きだった。

『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

高橋ヒロシ作品から飛び出してきたかのような魅力的なキャラクターに注目!

シリーズをネクストレベルに押し上げた感のある『ザワ』の主な舞台となるのは鬼邪高校、通称“オヤコー”が一角を担う<S.W.O.R.D.>地区。主人公はオヤコーの全日制に復学した花岡楓士雄(川村壱馬)で、真也(中務裕太)と正也(小森隼)の尾々地兄弟、優等生のマドカ(富田望生)と誠司(白洲迅)、問題児の新太(矢野聖人)という、同じ団地で育った仲間たちの物語が主軸のひとつとなる。

『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

もちろん村山良樹(山田裕貴)や轟洋介(前田公輝)といった、過去シリーズでお馴染みのオヤコーの面々も揃って登場。番長の座をめぐる因縁も過去シリーズから引き継いでいるので、個々の成長や気になる去就からも目が離せない。

『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

そして「WORST」からのゲスト、戸亜留市からやってきた上田佐智雄(志尊淳)ら鳳仙学園の面々との全面対決の幕が切って落とされる……のだが、そのあたりの展開はネタバレになるので説明は避けるとして、ここでは映画に落としこまれた不良マンガテイスト/高橋ヒロシイズムについて言及していこう。

主人公の楓士雄は、ケンカはめっぽう強いがアタマが少し弱いという不良ものの主人公の要素を兼ね備えた男。しかし人望に厚く、拳を交えた相手は誰しも楓士雄の魅力の虜になるという、坊屋春道や月島花といった高橋ヒロシ作品の主人公に通じるキャラクターである。

『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

対する鳳仙学園の佐智雄は体の線こそ細いが、ケンカの実力とカリスマ的なオーラで屈強なスキンヘッド軍団を率いる男で、あえて例えるならば「WORST」のメインキャラクターのひとり、藤代拓海に近いかもしれない。

『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

そして、もっとも高橋イズムを感じさせてくれるのが、オヤコーのジャム男(福山康平)と鳳仙のサバカン(坂口涼太郎)だ。共に腕っぷしではなく情報収集や統率で力を発揮するタイプなのだが、これは「クローズ」のヤスや「WORST」の寅之助、九十九一二三などがソースになっているであろうキャラクターで、ケンカの強さが全てではないというメッセージを引き受けているようにも感じられた。

『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

また、楓士雄の幼馴染である尾々地兄弟、通称“オロチ兄弟”の2人はKAWASAKIのバイクに乗っていることもあり、同じく不良マンガの大家・所十三先生の「疾風伝説 特攻の拓」に登場した、風神・雷神こと韋駄天ヒロシと鬼のキヨシを彷彿とさせるカッコよさ。ぜひスピンオフ作品でドタバタ珍道中を見せてほしくなる、なんとも魅力的なわんぱく兄弟だ。

『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

『ハイロー』シリーズが作り上げた日本最高峰のド迫力バトルシーンも健在!

もちろんキャラクター造形だけでなく、オヤコー×鳳仙の構図に絡んでくる謎のジャンキー集団も衝撃的だった。廃墟と化した団地で巻き起こる多人数バトルは、まるでゾンビ映画の籠城シーンを反転させたかのようなカオスぶりで、『ザ・レイド』(2011年)や『ジャッジ・ドレッド』(2012年)の武装マンション攻略バトルも顔負けの迫力。ブリッブリに動けるTRIBE陣によるアクロバティックな戦闘シーンは『ハイロー』シリーズの大きなウリのひとつだが、少しでもリズムが崩れれば何をやっているのか分からなくなるほど複雑なので、ファイト・コレオグラフィ的にも注目すべきシーンである。

『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

基本的には“個”の力を軸にアツい友情や男同士のプライドが描かれる高橋ヒロシ作品だが、本作には中~後期「クローズ」の主要キャラターであるパルコ(塚本高史)が飲食ビジネスで成功した先輩として登場し、ファンをニヤリとさせてくれる。不良少年たちの姿をいつまでも見ていたいという気持ちと、彼らの“その後”に焦点を当てた作品も観てみたいとも思わせてくれた『ザワ』は、シリーズ過去最高! と叫びたくなる傑作であった。

『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

『HiGH&LOW THE WORST』は2019年10月4日(金)より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『HiGH&LOW THE WORST』

累計観客動員450万人・興行収入65億円突破、男たちの友情と熱き闘いをメディアミックスで描く「HiGH&LOW」シリーズと累計7500万部突破・不良漫画の金字塔「クローズ」「WORST」(原作・髙橋ヒロシ )との、奇跡のクロスオーバーが実現!

制作年: 2019
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 『ハイロー』シリーズ最新作『HiGH&LOW THE WORST』は人気不良マンガとのクロスオーバー! 理想的なコラボで魅力的なキャラがスクリーン狭しと躍動!!