子シンバめっかわ!リアルを超えた圧倒的な映像美が心を揺さぶる“超”実写版『ライオン・キング』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
子シンバめっかわ!リアルを超えた圧倒的な映像美が心を揺さぶる“超”実写版『ライオン・キング』
『ライオン・キング』© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

王道の成長物語が最新の映像技術と豪華キャストで現代に蘇る!

なーーーずうぇんにゃーーーまばにんちわわ~っ♪ ……でお馴染み、ディズニーの名作『ライオン・キング』の“超”実写版映画が2019年8月9日(金)から公開! そのへんのネイチャー番組よりも遥かに美しい大自然の映像、動物としてのリアルさを追求した豊かなキャラクター表現などなど、ファンならずとも感動ポイント満載の革新的なディズニー映画の誕生だ。

『ライオン・キング』© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『ライオン・キング』は、いわゆる“王家”の物語を真正面から描いた作品。王道の物語を衒いなく描くのはなかなか難しいものだが、アフリカの大地を舞台に、そこに暮らす生き物たちが紡ぐ命のドラマを描くことで、普遍的な物語に昇華している。そして本作は、ミュージカル版と同じく黒人俳優/アーティストを多く声優に起用するなど、アフリカン・アメリカンのルーツへの敬意も感じられた。

『ライオン・キング』© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

超実写版ならではの迫力! 気になるアニメーション版からの改変ポイントは?

さて、ディズニー・アニメーションの実写化といえば気になるのは“再現度”と“改変点”だが、まずアニメーション版の多幸感あふれる迫力満点のオープニングをほぼ完コピしていることに驚くだろう。もうこの時点で感涙モノなのだが、生まれたばかりの子シンバの可愛らしさは反則レベル。本作Ver.の腹見せ子シンバのぬいぐるみを販売したら絶対売れると思うので、ディズニーさんお願いします。

『ライオン・キング』© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アニメーション版でも印象的だった“ゾウの墓場”シーンはまるで腐った噴火口のようで、キングコングの髑髏島もビックリの禍々しさだ。そして、ディズニー・アニメーションの実力を見せつけた“ヌーの暴走”シーンも息を呑む迫力! ここはムサファが命を賭してシンバを守る哀しいシーンでもあるのだが、アニメーション版を思い出すとますます泣ける……スカー許すまじ。

思わず踊りだしたくなる! アップデートされたミュージカルパート

さらに気になるのは、大小様々な動物たちが歌い踊るミュージカルパートを、超実写でどう表現しているのか? という点。そこはドナルド・グローヴァーやビヨンセがキャスティングされていることで心配はしていなかったのだが、当然ながら歌唱レベルは大幅にグレードアップしている。プレミアム吹替版も、賀来賢人&門山葉子や熊谷俊輝&小林星蘭など、いわゆる“歌える”配役で本国に引けを取らないクオリティだ。

『ライオン・キング』© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アニメーション版でケレン味たっぷりだったスカーとハイエナたちの歌唱パートは、さすがにリアルな映像との相性はよくなかったのか、ぐっと渋めの落ち着いた雰囲気に。また、シンバの初“虫食”シーンの超実写化は若干不安だったが、むしろアニメーション版よりも配慮してくれているのでご安心を。他にも改変ポイントが多々あるので、交互に鑑賞し比べてみても楽しいだろう。

『ライオン・キング』© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

お子さん連れのファミリーやガチのディズニーファンは吹替版で、音楽クラスタやジャンル映画ファンの皆さんは字幕版で……そんな楽しみ方もできる“超”実写版『ライオン・キング』。ぜひ劇場で鑑賞して、日頃の生活で溜まったストレスをきれいさっぱり洗い流そう。ハクナ・マタタ!!

『ライオン・キング』は2019年8月9日(金)より全国公開

『ライオン・キング』

命あふれる王国プライドランド。未来の王シンバは、ある悲劇によって父であるムファサを失い、王位を狙う闇のライオン、スカーの企みにより王国を追放されてしまう。しかし新たな世界で仲間と出会ったシンバは、自分が生まれてきた意味、そして使命とはなにかを知っていく。

制作年: 2019
監督:
声の出演:
吹き替え:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • インドの全女性を幸せにするパッドマンの誕生