仏で驚異の大ヒット! 負け犬おじさんたちのスポ根リアル物語 ちょっぴり泣ける『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
仏で驚異の大ヒット! 負け犬おじさんたちのスポ根リアル物語 ちょっぴり泣ける『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』
『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』©2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

 

本国フランスで動員400万人を突破し、仏版アカデミー賞と言われる<セザール賞>で最多10部門にノミネートされた映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』が、2019年7月12日(金)から公開中。ノルウェーに実在する男子シンクロナイズド・スイミングチームをモデルに、中年のおじさんたちの奮闘劇を描いたスポ根映画がこの夏日本にも笑いと感動をもたらす!?

もうほとんど公開処刑!? 名優たちがわがままボディを披露

毛むくじゃらで締まりのないわがままボディに、寂しさをぬぐえない頭頂部……。そんなノンセクシーな身体を公開処刑ばりに見せつけながら、人生の再起をかけて男子シンクロナイズド・スイミングに挑むおじさんたちの姿を描くのが『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』だ。

本作に登場するのは、仕事に家庭に恋愛に、人生八方塞がり状態の中年ルーザー(負け犬)8名。俳優として“冴えないおじさん”を演じるのは、『潜水服は蝶の夢を見る』(2007年)のマチュー・アマルリック、『ザ・ビーチ』(2000年)のギヨーム・カネ、『チャップリンからの贈り物』(2015年)のブノワ・ポールヴールド、『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』(1986年)のジャン=ユーグ・アングラードら、ヨーロッパを代表するトップ俳優たちだ。

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』©2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

しかも、妻に頼りっぱなしの鬱病ニートおじさん(マチュー)に、事業が失敗続きにも関わらず現実を受け止めようとしない中二病おじさん(ブノア)、才能がないのに夢を諦められない夢追いおじさん(ジャン=ユーグ)、何に対しても不満だらけの怒りおじさん(ギョーム)、恋愛経験ゼロのピュアおじさん(フィリップ・カトリーヌ)など、揃いも揃ってクセ者ばかり。それでも誰もが、どこか憎めない愛すべきキャラクターに仕上がっているのは、やはり名優たちが醸し出す存在感ゆえだろう。

フレンチ流、笑って泣けるビターなヒューマンコメディ!

本作はコメディ映画と言えど、何も考えずに笑えるような作品ではない。ビターな要素を含んだ、ちょっぴり泣ける人生群青劇になっているのが大きな魅力だ。主人公のおじさんたちが抱える悩みは根深く、もちろんシンクロを成功させたからといって人生の全てがうまくいくわけではないだろうし、周囲が彼らに向ける冷たい眼差しや言葉の数々は、グサリと胸に刺さるものがある。それでも「もう失うものはない!」とばかりに開き直り、仲間と共に人生大逆転をかけてシンクロに打ち込むおじさんたち。その一心不乱な姿が、めちゃくちゃ無様でめちゃくちゃカッコイイ……! のである。

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』©2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

監督/脚本を務めたジル・ルルーシュは、「国全体に感じる“倦怠感”について語りたかった。現代の個人主義的な競争に私たちは身動きが取れなくなり、チームワークや熱意、努力の醍醐味を忘れてしまっている」と語っている。おじさんたちが喧嘩しつつも切磋琢磨して第二の青春を突き進む姿に、ミドルエイジ真っ只中の皆さんはもちろん、これから歳を重ねていく若者たちも“人生の希望”をもらえるはずだ。

強烈キャラが続々登場! ノンストップで笑えるリズミカルなストーリー

シンクロおじさんたちを取り巻く、強烈なキャラの登場人物たちも本作の大きな魅力の一つ。特に、統率力がなくアルコール依存症に悩むデルフィーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)と、スパルタ・パワハラ・モラハラを3拍子揃ったアマンダ(レイラ・ベクティ)のシンクロコーチ2人組が繰り広げる、おじさんたちとの奇妙な師弟関係は爆笑必至。

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』©2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

中年男性の悩みをダラダラと描くのではなく、女性コーチたちのパワフルでユニークな指導シーンを随所に散りばめることで、単なるスポ根モノとは一線を画すメリハリを生み出している。終盤で登場するシンクロチームのニューメンバーや、おじさんたちの妻や母・子どもたち家族との関係性も、物語の重要なスパイスになっているので要注目だ。

主演のマチューは本作について、「僕たちの、この生きにくい時代について、ギャグではなくユーモアを用いて描くことが(監督のジルにとって)どれほど大切なことか、僕にはよく分かった」と振り返っている。監督・キャスト陣が文字通り呼吸を合わせて、人生で避けることのできない不安や苦しみについて全力で向き合ったハートウォーミングな快作コメディだ。

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は2019年7月12日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

2年前からうつ病を患い、会社を退職して引きこもりがちな生活を送っているベルトランはある日、地元の公営プールで「男子シンクロナイズド・スイミングチーム」のメンバー募集を目にする。途端に惹きつけられたベルトランはチーム入りを決意するが、そのメンバーは皆、家庭・仕事・将来になにかしらの不安を抱え、ミッドライフ・クライシス真っただ中のこじらせおじさん集団だった。

制作年: 2018
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 仏で驚異の大ヒット! 負け犬おじさんたちのスポ根リアル物語 ちょっぴり泣ける『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』