スタン・リーの“3つのルール”とX-MEN誕生秘話 『X-MEN: ダーク・フェニックス』コミック原作者が明かす

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
スタン・リーの“3つのルール”とX-MEN誕生秘話 『X-MEN: ダーク・フェニックス』コミック原作者が明かす
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』以来シリーズ全作品のプロデューサーを務めたサイモン・キンバーグが、ついに『X-MEN:ダーク・フェニックス』で監督デビュー。題材として選んだコミック「ダーク・フェニックス・サーガ」は、「アベンジャーズvs.X-MEN」など、その後のアメコミ界を大ヒットのきっかけとなった伝説的作品だ。

キャラクター制作のプロが語る 特殊能力を持つミュータントに読者が感情移入するには


©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

コミック原作者クリス・クレアモントは、実は“フェニックス”や“ウルヴァリン”などX-MENの多くのキャラクターも制作していた。
「ダーク・フェニックスで描きたかったのは、まずジーンの苦悩だ。突如覚醒して得た自分の巨大な力と、仲間であるX-MENとの間で苦悩する。自身の意思と反して仲間を傷つけてしまう彼女の下した“決断”を見届けてほしい。そして最後には彼女の能力が世界を救うんだけど、スコット(ジーンの恋人サイクロップス)の葛藤を中心に物語を展開させたんだ。一番大切なのは、キャラクターを創る事。彼らがリアルであるほど、読み手が感情移入できるんだ。」

原作執筆、編集を務めたルイーズ・サイモンソンは「クレアモントも私も、人物を中心に描くから気が合うの」と語った。

スタン・リーの“3つのルール”

クレアモントは「僕がスタン・リーに学んだ事は、“行動は結果を伴う”ということ」と語り、スタンと初めて会話したときのことも教えてくれた。「学生の時マーベルに入ったんだ。ある時、電話がかかってきて「よう、こんにちは!スタン・リーだ!マーベルで働くか?」って聞かれて「はい」と即答したんだ。」

そしてスタンには3つのルールがあったことを告白(しかし「2つ守れば十分」だったとか)。
1、 締切厳守
2、 良いものを書く
3、 俺の邪魔をするな

「スタンがジーンを好きだった理由は、試練の中で彼女が強く成長するからだ。『ダーク・フェニックス』は、誰の心にもある闇の部分だ。だからこそ楽しめるんだよ」とクレアモントが締めくくっている。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』は、2019年6月21日(金)より全国ロードショー

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『X-MEN:ダーク・フェニックス』

マーベル史上最大の脅威“ダーク・フェニックス”覚醒。
これが、最後のX-MEN。

制作年: 2019
監督:
キャスト:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • スタン・リーの“3つのルール”とX-MEN誕生秘話 『X-MEN: ダーク・フェニックス』コミック原作者が明かす