始皇帝の墓に眠る秘宝を手に入れろ! 『トゥームインベイダー』 あの名作? いや、違う。これはアサイラム作品だ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:知的風ハット
始皇帝の墓に眠る秘宝を手に入れろ!  『トゥームインベイダー』 あの名作? いや、違う。これはアサイラム作品だ
『トゥームインベイダー』
DVD/発売中
価格:¥4,800(税別)
発売:ニューセレクト株式会社
© 2018 BROKEN FILMS, LLC. All Rights Reserved.
連載も4回目となり、すでに皆様も承知のうえかと思うが、映画業界のトリニティー教団ことアサイラム社の作品を紹介しよう。今回アサイラム社の餌食となったのは、映画もゲームも大ヒット、美女が秘宝を探すアノ作品あのアドベンチャー大作だ。

もしかすると5000年に一度の秘宝!……かもしれない?

『トゥームレイダー』というTVゲームが存在する。女性冒険家ララ・クロフトが、世界各国の遺跡を探検するという、極めて有名なアクション・アドベンチャー・シリーズである。海外と比べて日本では、一般的な知名度が低い作品群とも言われている反面、アンジェリーナ・ジョリーが主演を務めた2本の実写版が印象的で、「ゲームは分からないが、洋画の『トゥームレイダー』は知っている」という人間も多いだろう。
2018年には、実写版のリブートである、『トゥームレイダー ファースト・ミッション』が公開されたところである。

『トゥームインベイダー』© 2018 BROKEN FILMS, LLC. All Rights Reserved.

それはさておき、もう私の記事では実質4回連続で同じパターンだが、映画業界のトリニティー教団である米国の製作会社・アサイラムもまた、先述の“ファースト・ミッション”に便乗したモックバスターを公開している。タイトルは、『トゥームインベイダー』。ジャケットに映っている、アリシア・ヴィキャンデルが演じたララ・クロフトとソックリなヒロインが危ういが、実際の本編とは髪型が違うので、今回も逆転無罪は安泰だ。

というわけで今回も早速、もしかすると5000年に一度の秘宝かもしれない、『トゥームインベイダー』を紹介していこう。

『トゥームインベイダー』© 2018 BROKEN FILMS, LLC. All Rights Reserved.

物語の舞台は中国・臨潼区。考古学者であるジュリー・チャニングは、秦の始皇帝の墓に眠るという秘宝・“竜の心臓”を探していたが、遺跡に仕掛けられていた罠によって、調査の過程で命を落とした。
時は流れて現在。ジュリーの娘であるアラバマ(通称・アリー)は、母の意志を継ぐ考古学者として、世界各国の遺跡で冒険を行っていた。そのような彼女の元に突然、ティム・パーカーという古美術商から、母が最期に遺したという“日記”が届く。重ねてティムはアリーに、母が求めていた“竜の心臓”の捜索を依頼するのであった。

『トゥームインベイダー』© 2018 BROKEN FILMS, LLC. All Rights Reserved.

母の無念を晴らすために、同じ大学の友人・ヘレナとベリーを連れて、中国に飛んだアリー。だがそこで待ち受けていたのは、金次第で何でも行う同業者の冒険家・ネイサンに、危険なカンフーを駆使して襲ってくる現地の人間、そして墓の侵入者を阻む罠……。
果たしてアリーは、数多の困難を潜り抜けて、無事に“竜の心臓”を手に入れることができるのだろうか……。
というのが、本作の概要である。

『トゥームインベイダー』© 2018 BROKEN FILMS, LLC. All Rights Reserved.

豪快で大味だが安心して欲しい。ちゃんと「トゥーム」を「レイド」している

本作も他のアサイラム作品と同様に、豪快……あるいは大味な“見所”の多い作品だ。例えば、考古学者という設定の割に、手に入れた歴史的遺物の扱いが何か杜撰で、素手でペタペタ触ったり、平気でペチペチ叩いたりするアリー。不意に主人公を襲撃して、不慮の事故とはいえ仲間を殺した癖に、後に「殺人は良くない」と御高説を宣う地元民。そして、真上から降ってきた無数の巨大な落石にドカドカ巻き込まれたのに、「全身が痛い」とか言って、足を怪我した程度の傷で普通に生還してくるヘレナ……。

『トゥームインベイダー』© 2018 BROKEN FILMS, LLC. All Rights Reserved.

だが一方で、「昔は安い仕事に何度も命を懸けなければいけなかった」故に仕事を金で選び始めたというトレジャー・ハンターのネイサンや、金銭目的の俗物の割りに、壮大な歴史的建造物の美しさには素直に一定の理解を示すティムという、普段のアサイラム作品より少し捻った人物設定も本作には盛り込まれている。

『トゥームインベイダー』© 2018 BROKEN FILMS, LLC. All Rights Reserved.

会話劇とチープなアクションが中心の中盤がネックだが、序盤と終盤できちんとトゥームをレイドしているのもポイントだ。何より、相応にリアルな路線の作品なのかと思いきや、ラスト10分で唐突に登場する、動く石像(普通の役者に適当なメイクを施しただけ)のインパクトは、出来はさておき下手な大作を上回ってくるだろう。

『トゥームインベイダー』© 2018 BROKEN FILMS, LLC. All Rights Reserved.

とそんなに本家の面影はない、B級アクション映画ではあるが、注意して観ると意外な面白味が湧いてくる作品ではあるかもしれない。
モックバスターに手を出すという時点で、パンドラの箱を開けるようなものだが、本作にはまだ希望が残っているので、冒険を好む皆様は一度チャレンジしてみるのも良いだろう。

文:知的風ハット

<「アサイラム祭り」2019年7月1日(月)開催!>

新作『ロード・オブ・モンスターズ』プレミア上映や、アサイラム社の社長へのオンラインインタビューも!

 

『トゥームインベイダー』

美しきトレジャー・ハンターが世界を駆ける!始皇帝の墓に眠る秘宝“竜の心臓”を追って驚異の旅が展開する、アサイラム社によるアクション・アドベンチャー。

制作年: 2018
監督:
キャスト:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 始皇帝の墓に眠る秘宝を手に入れろ! 『トゥームインベイダー』 あの名作? いや、違う。これはアサイラム作品だ