マネできる髪型!今っぽいのはJ・ギレンホール、ビジネス寄りならR・ゴズリング【映画と髪型】デ・ニーロからブラピまで解説

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
マネできる髪型!今っぽいのはJ・ギレンホール、ビジネス寄りならR・ゴズリング【映画と髪型】デ・ニーロからブラピまで解説
「今日は髪型どうされますか?」「えっと…」な君!映画好きのバーバーショップ代表が、イケてる俳優や登場人物の髪型を解説。これをマネすれば今っぽく変身できるぞ!(結果は自己責任で!!)

テーマは【映画と髪型】! ファッション、音楽、ヘアスタイルを語る

特別企画【映画×Tシャツ】「ミレニアル世代が注目!話題のヴィンテージTコレクターが鬼才キューブリックを“Tシャツ”で語る」に続いて、今回は「MERICAN BARBERSHOP(メリケンバーバーショップ)」代表、結野多久也さんを迎え【映画と髪型】をテーマに語ってもらった。

View this post on Instagram

We are open MONDAY as usual. l KOBE only

A post shared by MERICAN BARBERSHOP®︎ (@mericanbarbershop) on

まず始めに、神戸と福岡で展開する「MERICAN BARBERSHOP」とは、“男性が身だしなみを整える場+社交場”という床屋が持つ伝統的なカルチャーに、ストリートカルチャーを掛け合わせた唯一無二の個性を放つバーバーショップだ。ラジカセから大音量の音楽が流れ、“ネオクラシック”をテーマに選び抜かれたインテリアが並ぶ広々とした空間の中、たしかな技術を持つスタッフが腕を振るう。喫茶&バーラウンジも併設し、DJイベントやアーティストを招いた音楽LIVEを開催するなど、カルチャーを愛する人々の溜まり場となっている。

地元のカルチャー好きに支持されるバーバーショップを経営する結野さんは、時間を見つけては神戸の映画館に足しげく通うという映画好き。映画に登場する印象的な髪型についてヴィンテージTシャツ専門Webショップ「ANYTEE」代表の9brickさんと語ってくれた。

ミッキー・ロークの生き様やルックス、全てが印象的だった

「MERICAN BARBERSHOP」代表の結野多久也さん(左)、「ANYTEE」代表の9brickさん(右)

9brick:まずは、結野さんが気になった映画の登場人物の髪型を教えて下さい。

結野:『ブレイド』(1998年)のウェズリー・スナイプスが、一番先に出てくる。M字に綺麗に剃り込んだパンチパーマは強烈だね。“デイウォーカー”っていう敵から呼ばれる名前もいいし。

View this post on Instagram

Netflix & Blade…y’all been watching?

A post shared by Wesley Snipes (@realwesleysnipes) on

それと、やっぱり、『ランブルフィッシュ』(1983年)のミッキー・ローク。とにかくカッコいい。髪型もキマッている。「セックス・ピストルズ」のシド・ヴィシャスを彷彿とさせるロンドン・パンクスなスタイルだね。退廃的な!それと、モーターサイクルボーイっていう、名前がまずヤバいじゃん(笑)。彼が色盲だから全編白黒なんすよね、確か。彼の見てる目線っていう。ミッキー・ローク自身の人生に、ストーリーがあるじゃないですか。ボクシングが好きすぎて、実際ボクサーになってボコボコにされて、整形を繰り返して……みたいな。そん時のピークが『ランブルフィッシュ』じゃないですか、完全に。この時は艶っぽいんですよね。

9brick:色気がありますね。

『ランブルフィッシュ』© 1993 Hot Weather Films. All Rights Reserved.

結野:日本の映画だと『爆裂都市 BURST CITY』(1982年)はちょっと色モノだけど、髪型もファッションも強烈だったね。石井聰亙っていう監督の、パンクバンド対パンクバンドの争いっていう、ヤベェ映画。

それと忘れられないのが『タクシードライバー』(1976年)のロバート・デ・ニーロ。物語が大きく展開するときに、髪型を変えてバチッとキメて現れるんだけど、映画のトーンもガラッと変わる。ちなみに、これは左右を丸刈りにして中央部分の髪だけを残す“モホーク”っていう髪型です。

『タクシードライバー』© 1976, renewed 2004 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

ハリウッド俳優の定番は綺麗に整ったクラシックな髪型

9brick:これぞ旬な髪型って聞かれるとハリウッド・スターでは誰が思い浮かびますか?

結野:ジェイク・ギレンホールが一番イマドキっすね。横刈り上げでフェードして、上で遊ばせるっていう。これは“ザ・今”っす。

結野:“ザ・マッチョ”でアイコニックなのは『フューリー』(2014年)の ブラッド・ピットかな。アンダーカット(サイドとバックを刈り上げること)して、上を全部流すスリックバックという髪型。

View this post on Instagram

#Fury #Bradpitt #2014

A post shared by Brad Pitt (@bradpittoffcial) on

それをもっとビジネスサイドに持ってくると“ザ・クラシックス”って感じで、『ラ・ラ・ランド』(2016年)のライアン・ゴズリングの髪型だね。クラシック・サイドパートっていうんだけど、トップをユルくして、軽く刈り上げて七三に分ける。

9brick:日本でも定番になりつつある髪型ですね。

結野:これ海外ではもうずっと定番っす。日本人の髪型が長すぎるんだよね。

9brick:ロングヘアーにしたいって人は多いと思います。

結野:ロングヘアーが許されるのは美少年だけ(笑)。ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)とか若い頃のレオナルド・ディカプリオとか。ディカプリオは、『華麗なるギャツビー』(2012年)のクラシックな感じまで幅広く似合うのがヤバい。あと、コリン・ファレルが一時やっていたけど“マンバン”って髪型はなかなか似合う人いないよね。アンダーカットして、伸ばして流して、後ろで結ぶ髪型。

9brick:他にイケてるなって思った最近の髪型はありますか?

結野:『ブラックパンサー』(2018年)のマイケル・B・ジョーダン! 『クリード』(2015年~)では坊主頭だったけど、『ブラックパンサー』のジョーダンは今っぽい。

9brick:この人を見ると、去年流行ったチャイルディッシュ・ガンビーノの「This is America」MVを思い出します。

結野:ガンビーノはエレガント!グラデーションをつけて刈り上げた、いわゆるフェードです。

初めて雑誌の切抜きを持っていってマネした俳優は?

9brick:映画を観ているとき、俳優の髪型はチェックしていますか?

結野:やっぱり見ちゃうんですよね、絶対。あとファッションと音楽。どんな曲が流れているのかな? って。

9brick:それは「MERICAN BARBERSHOP」を始めてから?

結野:ずっと好きなんですよ。音楽も髪型もファッションの一つなんで。映画には、その要素が全部ミックスされているから見ちゃうんですよ、昔から。内容は忘れても、画は覚えていたいなって。

9brick:今までにマネした映画の登場人物の髪型は?

結野:『ドーベルマン』(1997年)のマニュって奴(ロマン・デュリス)がいて、クラブでオナニーするような奴なんですけど(笑)。コイツの髪型はマネしましたね。初めて切り抜きをサロンに持っていって「これでお願いします!」って。ゴリゴリのピンパーマなんだけど。18歳とかハタチくらいの頃ですね。ピンパーマは、めちゃくちゃスパイラルなアフロみたいな髪型です。

9brick:その通りの髪型になりましたか?

結野:全然ならなかった(笑)。9brcikさんはマネした髪型ある?

9brick:高3か大学1年くらいのときに『トレイン・スポッティング』(1996年)が流行っていて、ユアン・マクレガーに憧れて坊主にした。で、ああいう映画が好きな女の子と知り合って、付き合い始めたんです。それは映画のおかげ(笑)。

『トレインスポッティング』©Channel Four Television Corporation MCMXCV

  • BANGER!!!
  • 映画
  • 是枝監督インタビュー「カンヌ映画祭は自分を試す場所。“幸せ”なだけじゃない真剣勝負」