月9『ナイト・ドクター』波瑠、岸優太、北村匠海、田中圭……全員が主人公? 青春群像医療ドラマ最新まとめ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:菜本かな
月9『ナイト・ドクター』波瑠、岸優太、北村匠海、田中圭……全員が主人公? 青春群像医療ドラマ最新まとめ
『ナイト・ドクター』

まだ追いつける! 月9新ドラマ

2021年6月21日(月)より放送がスタートした“月9”ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)。夜の病院を舞台に奮闘する5人の若き医師たちの成長を描いた本作は、初回見逃し再生回数がフジテレビ歴代1位になるなど大きな話題を集めている。

『ナイト・ドクター』

このドラマで注目したいのが、おそらく5人の医師それぞれが主人公になる回があるということ。そこで本稿では、岸優太(King & Prince)、波瑠北村匠海(DISH//)がメインとなった第3話までを総まとめしていく。

【第1話】患者のたらい回し問題――岸はリタイアを決意?

「緊急医療の人手不足」をテーマにした第1話で主人公となったのは、King & Princeの岸優太だ。彼が演じる深澤新は、研修医あがりの元内科医。両親を早くに亡くし、病気がちの妹の面倒を一人で見ている。緊急医としての技量はなく、頼りない性格に見えるが、実はバイトを掛け持ちしながら医学部を卒業したガッツの持ち主のようだ。

第1話で描かれたのは緊急医療現場の人手不足と患者の“たらい回し”問題で、深澤の視点からストーリが進行していく。波瑠演じる朝倉美月が「いつでも、どんな患者でも絶対に受け入れる」という強いポリシーを持っているのに対し、深澤は「失敗する可能性があることはやらない」スタンス。重病・重症患者が運ばれてくる夜間救急では早急な判断が必要となるが、深澤は「やっぱり無理だ、こんな仕事」とリタイアを口にしてしまう。

そんな時、自らが受け入れを拒否した患者が運ばれてくる。それは妹の心美(原菜乃華)だった。搬送先の病院が見つからず、1時間以上も立ち往生していることを知った美月が、「何もしないまま見捨てることはしたくない」と受け入れたのだ。「もう誰も助けてくれないかと思った。怖かった……」と涙する妹の姿を見た深澤は、自らの考えを改める。「もう少しだけ、ここで働かせてください。このまま逃げたくないんです。よく分かんないけど、そう思ったんです」と。

美月の台詞に「そもそも働き方改革とか医者に必要あります? 人手不足なんだから患者のために一生懸命働く。それが当然でしょ」とあったが、医師不足は慢性的な問題だ。2024年から施行が予定されている医師の働き方改革によって、医療現場はさらに逼迫するかもしれない。コロナ禍でさらに浮き彫りになったこの問題、個人の力でどうこうすることは不可能だが、まず本作を通して“知る”ということが重要なのは間違いない。

【第2話】増えるコンビニ受診――「普通ってなに?」と悩む波瑠

「夜間勤務なんてやめろ。“普通”の仕事をしろ」「お前には“普通”になってほしいんだよ」と言う父・哲郎(佐戸井けん太)の言葉に、美月は頭を悩ませる。恋人である大輔(戸塚純貴)からも「寂しかったんだと思う。俺はただ美月と“普通”のカップルみたいにデートがしたかったんだ」と振られ、成瀬暁人(田中圭)には「こんな仕事してて、まともな恋愛できるわけないだろ。“普通”の人とは生活リズムが違うんだ」と吐き捨てられる。

『ナイト・ドクター』

「“普通”とは?」という議題とともに幕を開けた第2話では、「コンビニ受診」の難しさが描かれた。コンビニ受診とは、緊急性のない軽症者が夜間の救急外来に自己都合で訪れること。現在は共働き家庭が増えていることもあり、子どもの患者が殺到することもあるそうだ。

「なんでこんなことで……」というのが念頭にあった美月は、鮎川希実(谷村美月)の息子・玲生の病気の予兆を見逃してしまう。深澤に「玲生くん、黄疸が出ていなかった?」と聞かれ、怜生の排泄物を確認すると便の色が白かったことが発覚する。

希実も、もちろん悪い母親というわけではない。けれど、毎日のように息子が熱を出すことで会社を早退しなければならない。それを疎む会社側の視線に嫌気がさし、仕方なく夜間に病院に連れて行くと、そこでも「こんなことで?」という目で見られる。そうして「あちこちで頭を下げるの疲れた」と見てみぬふりをしてしまったことで、玲生の容態が急変してしまったのだ。

幸い玲生の手術は成功するが、「どうせコンビニ受診」と予兆を見逃してしまった美月は、希実に謝罪に行く。すると「ほかの人たちは“普通”に昼間に病院に行けるのに」と希実。そんな彼女に美月は「“普通”ってなんなんですかね? “普通”とは、時代や社会によって簡単に変わるのに、そんなものに振り回される必要ってあるんですかね」と自分に言い聞かせるように呟く。

玲生の一件があり、美月を初めとした医師たちは、ウォークイン患者(救急車以外で自ら来院される方)の診察も丁寧に行うようになる。夜間の病院に行く者と、診察する者。どちらの立場の心情も丁寧に描いた回だった。

【第3話】救急センターに無保険患者が――明かされる北村匠海の持病

第1話からたびたび薬を飲み「何らかの病気である」ことが示唆されていた桜庭瞬(北村匠海)だが、その理由が心臓の持病から来るものであることが明かされる。しかも、いくつもの病院を束ねる<柏桜会>の会長の息子であることも発覚。指導医の本郷亨(沢村一樹)とも、昔からの知り合いであることまで判明した第3話は、数々の驚きに包まれた回となった。

そんな同話のテーマは、「無保険患者」の医療について。母に「持病があるのだから、救命センターなんてやめて経営だけ学んでいればいい」と言われ、迷う桜庭の葛藤と、無保険患者の息子の想いがリンクする。

『ナイト・ドクター』

あるとき、夜間救急に無保険の患者が運び込まれるが、処置もむなしく亡くなってしまう。美月は「もっと早く搬送されていれば……」と落胆するが、「無保険だったから、前兆があっても受診することができなかったんだろう」と成瀬は推測する。

次に運び込まれてきたのは、くも膜下出血の患者と救急車を呼んだ息子。すぐに手術をしなければ手遅れになるにも関わらず、「無保険だから手術はするな!」と拒否してしまう。父に「生きてほしい」と思い119番を押したはずの息子も、「死にたがってる人を無理に生かしても、そんなのただのエゴだ」と諦めモード。

そんな息子に本郷は、「エゴで何が悪い。お父さんがこのまま亡くなって困るのは、お父さんじゃない。君だ。お父さんが倒れたとき、君はどうして救急車を呼んだ? お父さんに生きてほしかったからじゃないのか?」と問いかける。

「誰も、君の人生の責任までは取ってくれない。それがどんなに優秀で素晴らしい親であろうとだ。だから君がどうしたいのかを、君自身で決めろ」という本郷の言葉は、桜庭の心にも響いたようだ。彼は「母さんや先生は命を大事にしろって言うけど、でも俺はそれと同じくらい自分の気持ちを大事にしたい」と母に伝え、頭を下げる。

「ゆっくり、一歩ずつでいい。僕の歩幅で」と駆け出した桜庭の後ろ姿には、これまでは感じることがなかった光が宿ったように見えた。

-ーここまでメインキャラクター3人のバックグラウンドをじっくり描いてきた『ナイト・ドクター』。次週は、岡崎紗絵演じる高岡幸保にスポットが当たり、女のバトルが勃発する模様だ。これからの放送も楽しみに待ちたい。

『ナイト・ドクター』

文:菜本かな

『ナイト・ドクター』はフジテレビ系にて毎週月曜よる9時放送

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ナイト・ドクター』

柏桜会あさひ海浜病院では、“365日24時間、どんな患者も断らない”医療を目指し、崩壊寸前の救急医療を立て直すべく、新たな働き方として夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」を設立することに。夜間救急は慢性的な医師不足、救急車難民、コンビニ受診など問題が山積みだが、昼も夜も救うべき命があることに変わりはない。そこで“夜の病院を守る”という重要な使命を果たすため、5人の若き医師たちが集められた。強い志を持つ者、自分の意志とは裏腹にやってきた者……訳ありの5人の医師たちが時にぶつかり、時に励まし合いながら、命に真摯に向き合っていく。一方、医師も仕事を終えればひとりの人間として、家族や恋人、そして自分自身の悩みや問題に直面。ナイト・ドクターの5人が、誰よりも長い時間を共に過ごしながら、絆を深め合い、医師として人として成長していく姿をリアルかつユーモラスに描く。

制作年: 2021
出演:
  • BANGER!!!
  • ドラマ
  • 月9『ナイト・ドクター』波瑠、岸優太、北村匠海、田中圭……全員が主人公? 青春群像医療ドラマ最新まとめ