タイ発! BLドラマ『2gether』は麗しきボーイズ&ガールズのキャンパスライフがまぶしすぎる青春ラブコメ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:野中モモ
タイ発! BLドラマ『2gether』は麗しきボーイズ&ガールズのキャンパスライフがまぶしすぎる青春ラブコメ
『2gether』提供:コンテンツセブン/©GMMTV

世界中で熱い支持を受けるタイ発BLドラマついに日本上陸!

新型コロナウイルス感染症の脅威が世界を覆い、どうしても気分が塞ぎがちになってしまう2020年。暗いニュースが続く日々だが、そこで例外的に明るく楽しげな熱気と興奮の渦を巻き起こして注目を集めているのが、タイのBLドラマだ。この秋、WOWOWやRakuten TVなど日本のプラットフォームでも配信・放送がスタートした『2gether』は、現地では数年前から人気を集めていたというこのジャンルが国際的にブレイクするきっかけとなった話題作。バンド、チアリーディング、サッカーなど、恋に部活に大忙しのキャンパスライフがまぶしすぎる青春ラブコメだ。

『2gether』提供:コンテンツセブン/©GMMTV

タイン(ウィンことメータウィン・オーパッイアムカジョーン)は、大学の法学部の新入生。「俺はシックな男」と自信満々なお調子者だが、実際はそれほどモテるわけでもなく憎めない青年だ。かわいい女の子にモテたくて学部のチアリーディング・チームに入ったタインは、ゲイの同級生グリーンに猛アタックされて困惑する。タインの友人たちは、グリーンを追い払うために、軽音部所属のギタリストでサッカー部の選手でもある学校一のモテ男・政治学部のサラワット(ブライトことワチラウィット・チワアリー)に「偽の彼氏」になってもらおうと提案する。タインは軽音部にも入部し、サラワットは偽装恋人の関係になることを承諾するのだが……。

『2gether』提供:コンテンツセブン/©GMMTV

めくるめく“ラブコメあるある”の世界! ツッコミどころには目を瞑って……

そもそも「異性が好きなのに同性から想いを寄せられて、諦めさせるために超かっこいい偽の彼氏を作る」という展開に、「なぜそんな各方面に負担をかける遠回りを!?」と戸惑ってしまう。他にもっと穏当な方法があるのでは……。しかし「この世界ではそういうこともあるのかも」と受け入れてしまうと、あとは「いまどきのタイの大学生ってそうなんだー(そうなのか!?)」と「なんでそうなるの!?」の繰り返しを、新鮮な驚きと共に楽しむことができた。たとえば前者はSNSの利用法とか、セミナーでの出会いとか。後者は「試合に勝ったら告白させる」とか、そういう「“ラブコメあるある”だが冷静に考えると何かがおかしい」シチュエーションの数々。

『2gether』提供:コンテンツセブン/©GMMTV

本作の魅力として、やはり「出演者の見た目がいい」というのは絶対に外せないだろう。ベビーフェイスのタインと彫刻的な濃い顔のサラワット、どちらもタイプの違う磨き上げられたハンサムで、並ぶとたいへん絵になる。身も蓋もない話になってしまうが、現実にありそうもない強引な行動も、若く美しくかわいげがある人がやるとまだ許されやすい。主役のふたりを取り巻く脇役たちも、それぞれ個性的ないい顔の青年が揃っていて、タイの文化的な豊かさを感じさせる。モブの女性たちも男性陣に比べると類型的ではあるが元気いっぱいにかわいらしく、見ていてニコニコしてしまった。

『2gether』提供:コンテンツセブン/©GMMTV

タインとサラワット、ふたりの恋の行方に音楽が重要な要素として絡んでくるのもポイント。しかも彼らの好きな実在のバンドScrubb(スクラブ)の曲が、90年代さわやかギターポップ(北欧風味)みたいな懐かしい雰囲気だからますます甘酸っぱい。だが、サラワットの部屋に貼ってあるバンドのポスターは、ビートルズとかニルヴァーナとか「王道すぎて逆に異端」みたいなセレクションで、本来はもっとギターがギャンギャン鳴ってるロックが好きなのでは……? という疑いも沸いてくる。はたしてこういう音楽ファンは実在するのか、それとも制作陣のセンスなのか、タイにおける欧米のロック受容やバンド文化が垣間見られるのも興味深かった。

『2gether』提供:コンテンツセブン/©GMMTV

気候はあたたかく過ごしやすそうだし、食べものはおいしそうだし、若い人たちが貧困や差別にあまり深刻に思い煩わされることなくキャッキャしている姿はほほえましくうらやましい。しかし実際のところ近頃のタイは政情がなかなか安定せず、王室や政府に抗議する大規模なデモが頻繁に起こり、それに対して厳しい取り締まりも行われていると聞く。「肌の色が白いほうが美しい」という価値観が根強く残り、少数民族差別と結びついているとも。人気BL小説が原作だという『2gether』は、つらい現実に疲れて「夢でいいから若い人たちが楽しそうに青春を謳歌している姿を見せてくれ!」と願わずにいられない人々をあたたかく迎えてくれるファンタジーなのだろう。そういう気分の人たちが日本だけでなくタイにも、否、世界中に大勢いることを実感できるファンダムの盛り上がりも含め、2020年のヒット作として記憶に刻まれそうだ。

『2gether』提供:コンテンツセブン/©GMMTV

文:野中モモ

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『2gether』

大学の新入生タインは、可愛い女子が大好き。女の子に近づくために学部のチアリーディングチームへの入部を決めるが、ゲイの同級生グリーンに一目惚れされ、行く先々で猛アプローチを受けてしまう。

見かけ倒しの暴漢に襲わせても睡眠薬ドリンク作戦もグリーンには全く効果がない。そこで友だちのオームが考えたのが「偽の彼氏」。狙いを定めたのは、軽音部の超イケメン・サラワット。サラワットをニセ彼氏にするためにあの手この手で近づくも、SNSもやらない硬派な彼に冷たくあしらわれてしまう。

最後の手段として、サラワットが所属する軽音部への入部を決意。一から必死にギターを学ぶタインの姿を見て、サラワットはついに彼氏のフリをすることを承諾する。

そしてグリーンの前でわざと甘い言葉や態度を見せつけ、「タインは俺のものだ」と言い放つのだが。

制作年: 2020
出演:
  • BANGER!!!
  • ドラマ
  • タイ発! BLドラマ『2gether』は麗しきボーイズ&ガールズのキャンパスライフがまぶしすぎる青春ラブコメ