非アメコミ者でも無問題! バットマンから巣立った相棒ロビンの成長を描く『Titans/タイタンズ』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:傭兵ペンギン
非アメコミ者でも無問題! バットマンから巣立った相棒ロビンの成長を描く『Titans/タイタンズ』
Netflixオリジナルシリーズ「TITANS」独占配信中

いまDCコミックスの映画/ドラマがアツい!

2020年3月20日(金)から公開されている『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』、だいぶ勢いがあっていい映画でしたよね。まさにセンスの塊。あれを見ると、きっと他のDCコミックス作品も気になってくるはず。

ただ、きっとBANGER!!!読者の皆さんのなかには「もうDC映画は全部見た」という人も少なくないはず。そこで今回は、DCコミックス系のドラマ『Titans/タイタンズ』をご紹介します!

なんなら映画すら見てなくてOK! な新シリーズ

DCコミックス系のドラマというと、『ARROW/アロー』(2012~2020年)から始まり、『THE FLASH/フラッシュ』(2014年~)や『SUPERGIRL/スーパーガール』(2015年~)などなど、複数の作品で構成された“アローバース”が近年では人気ですが、この『タイタンズ』は完全に別軸の作品(一応クロスオーバーはあったのですが、ファンサービス的なカメオ出演でした)。

というわけで、もちろん映画シリーズのDCエクステンデッド・ユニバースとも異なる新シリーズであり、特に事前に見ておく必要のある作品がない、というのはなによりも先にお伝えしておきたいところなのです。

事前知識がなくてもコミックの歴史を感じられる!

シーズン1の物語は、ご存知「バットマン」のサイドキック(相棒)、「ロビン」として長らく活躍してきたディック・グレイソンが、バットマンの元を離れて別の町で普通の刑事になったものの、あるとき出会った不思議な力を持った少女レイチェルと出会い、彼女を助けて行く中で様々な若き超人たちと合流し、ヒーローチーム「タイタンズ」を“再結成”していくというもの。

「Titans/タイタンズ」Netflixで配信中

このタイタンズというチーム、日本ではアニメ専門チャンネル<カートゥーン ネットワーク>等で放送されていたアニメ「ティーン・タイタンズ」と源流を同じくする、DCコミックスの若手ヒーローチーム。ドラマ独自の設定が豊富に盛り込まれていますが、コミック/アニメとチーム構成は近いので、既視感があるという人も少なくないはず。

(こちらはその後に展開され、よりコミカルになったアニメ『ティーン・タイタンズGO!)

で、このドラマではコミックでもアニメでも親しまれてきたおなじみのチームを二代目チームとして、解散済みの初代チームが存在したということにして(実はこれもコミックに緩やかに近い流れ)、そこにある歴史/世界の厚みを匂わせつつ、まったく知らない人にもちょいちょい見せていくあたりが上手いんです。

そしてコミックファンには、おなじみのキャラクターが結構な勢いで出てくる作品でもあります。知らない人は「誰なの?」みたいに混乱するかもしれないですが、ちゃんと後で説明(回想)が入りますのでご安心を。ファンとしては事前にキャラクターを紹介したい気持ちもありますが、ここはあえて事前情報なしで見て、その能力に驚いてもらいたい!

「Titans/タイタンズ」Netflixで配信中

序盤の印象だと、映画『ダークナイト』(2008年)みたいなトーンのフィジカルなアクションが中心のヒーローものだと思うかもしれませんが、どんどんDCコミックスの世界が持っているいろんな要素が盛り込まれていき、ごった煮感が出てくるのもかなりコミックっぽいのです。

サイドキックからの成長物語に燃える!

このドラマでは、親のような存在だったバットマンのもとから巣立ったディック/ロビンが今度は少女の保護者をやっていく羽目になり、元カノのヒーローなどを頼りながらも、なんだかんだヒーロー活動に戻ることに。そして、なりゆきでチームを作っていくという、ある意味で“子が親になる”ヒーロー継承の物語を、シーズン1でいきなりぶっこんでくるのが大きな見所のひとつとなっています。

「Titans/タイタンズ」Netflixで配信中

個人的に、物語が進むにつれてサイドキックが一人前に独立して活躍したり、二代目を襲名したりする様子が、ひとつの歴史/世界を続けながら展開していき、キャラクターの成長を見届けられるのがアメリカのスーパーヒーローコミックのお楽しみの1つだと感じているのですが、このドラマはそこをいきなりやってくれるのがイイ。

さらにディックの成長物語を面白くするのが、二代目ロビンとなるジェイソン・トッドの存在。二代目ロビンはディックにも負けない優れた能力の持ち主ではあるものの(コミックよりもいっそう)やんちゃな青年で、真面目なディックを悩ませることに……。

「Titans/タイタンズ」Netflixで配信中

DCユニバースよ、今すぐ日本に来てくれ!

そんな『タイタンズ』と合わせて紹介しておきたいのが、メインキャラクターの一人であるビーストボーイことガーフィールド・ローガン(ガー)が所属していた謎めいたヒーローチーム「ドゥーム・パトロール」。ドラマの中ではその能力や歴史はほんのちょっとしか紹介されないのですが、DCコミックス的にはかなりの歴史のあるチームです。

近年では元マイ・ケミカル・ロマンス(2020年に再結成)のヴォーカリスト、ジェラルド・ウェイがライターを担当したシリーズも展開されたりと注目度の高いチームで、まだ日本には入ってきていませんが、単独のドラマシリーズとしても展開が始まっています(一部『タイタンズ』と同じ役者が同じキャラクターを演じているものの完全な別シリーズ)。

実はドラマ『タイタンズ』もドラマ『ドゥーム・パトロール(原題)』も、アメリカでは「DC Universe」というDCコミックスの配信サービスで展開されている作品。このDC Universeはアメリカ以外ではいまのところ展開されていないものの、ドラマに加えてDCコミックス関連の映画/アニメが見放題なだけでなく、さらにはコミックまで読めるという羨ましすぎるサービス。北米以外で展開する予定はなさそうですが、どうにか日本でも見られるようになってほしい!

とにかく、そんなDC Universeのローンチタイトルとして展開された『タイタンズ』のシーズン1は、同サービスへの期待を担うに十分なだけの魅力を持った作品となっています。DCヒーローが気になっているという人は、ぜひチェックしてみてほしい!

なお『タイタンズ』は現在、Netflixで最新のシーズン2まで配信中(シーズン1のブルーレイ&デジタル版がワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントより販売&レンタル中)。シーズン2では特殊能力を持った新たな若者たちがタイタンズの前に姿を表す中、コミックスでの彼らの宿敵である傭兵デスストロークが立ちはだかるという展開となっています……!

文:傭兵ペンギン

『Titans/タイタンズ』はNetflixで配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『Titans/タイタンズ』

バットマンと別々の道を歩み出した元相棒のディックは、邪悪な力に取りつかれた少女“レイブン”ことレイチェル・ロスと出会う。そして“スターファイヤー”ことコリー・アンダースや、“ビーストボーイ”ことガーフィールド・ローガンら不思議な力を持つ仲間たちと共に、巨大な陰謀に巻き込まれていく。

制作年: 2019
出演:
  • BANGER!!!
  • ドラマ
  • 非アメコミ者でも無問題! バットマンから巣立った相棒ロビンの成長を描く『Titans/タイタンズ』