怖くて笑えるスーパーヒーロー換骨奪胎ドラマ! 今のうちに観ておきたいAmazon Prime Video作品『ザ・ボーイズ』&『The Tick/ティック』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
怖くて笑えるスーパーヒーロー換骨奪胎ドラマ! 今のうちに観ておきたいAmazon Prime Video作品『ザ・ボーイズ』&『The Tick/ティック』
Amazon Original『ザ・ボーイズ』

膨大な予算で製作されたマーベル・コミックスやDCコミックスの実写化作品が映画業界を席巻し、まるでアラン・ムーア原作のグラフィック・ノベル「トップ10」をベースにしたような少年マンガが海外のオタクの皆さんからも支持を得ている昨今。意識高い系のシネフィルの皆さんも無視できないアメコミ映画『スパイダーマン: スパイダーバース』(2018年)なども生まれ、アメコミ/スーパーヒーロー作品はいまだかつてない盛り上がりを見せている。

そんな今だからこそ観ておきたい、一味違うスーパーヒーローをテーマにしたドラマがAmazon Prime Videoで配信されているので、2019-2020の年末年始は自宅でヒーロー三昧と決め込もうじゃないか!

Amazon Original『ティック~運命のスーパーヒーロー~』シーズン2

フツーの人間たちが極悪最強スーパーヒーロー軍団を狩る!『ザ・ボーイズ』

『アベンジャーズ』や『ジャスティス・リーグ』をはじめドラマシリーズ『アンブレラ・アカデミー』『ドゥーム・パトロール』などアメコミ作品には欠かせない“チームもの”作品がここ数年で多数実写化されているが、その中でも設定・ストーリー・ビジュアル全てにおいて最もエグくて怖いのに、掛け値なしに面白いのがAmazon Prime Videoの『ザ・ボーイズ』だ。

View this post on Instagram

The new name of the game. #TheBoysTV

A post shared by The Boys (@theboystv) on

このシリーズに登場するスーパーヒーローたちも、弱きを助け強きを挫く超人……と言いたいところだが、表向きは清廉潔白に振る舞っているだけで、その実態は完全にセルアウトした権力と金の亡者。7名のヒーローからなる“セブン”はヴォート社の管理化でタレント活動のようなことを行っていて、メディア露出やマーチャンダイズ事業で大金を稼いでいるという有様だ。

Amazon Original『ザ・ボーイズ』

とはいえ、人間を一瞬でチリにできるレベルの特殊能力はしっかり持っているものだからタチが悪い。そんなセブンの1人にうっかり恋人を殺され憎しみに燃える青年ヒューイが、ザ・ボーイズと名乗るアンチヒーロー集団のリーダー、ビリーに会い仲間になったことから、特殊能力を持たない一般人vsブラック企業スーパーヒーローの血で血を洗う熾烈な戦いの火蓋が切って落とされる。ヒーローもののセオリーをひっくり返したようなストーリーではあるが、ヒーローがクズなのだから、主人公たちの立場はヴィランに狙われた人間と同じようなものだ。

Amazon Original『ザ・ボーイズ』

このザ・ボーイズのメンバーの中で注目したいのは、DCコミック映画『スーサイド・スクワッド』(2016年)のカタナ役でお馴染みの福原かれん演じる謎多き女性、キミコ。小柄な体からは想像できないほど凄まじい身体能力を持っている彼女は、2020年配信予定のシーズン2の鍵を握る人物と思われる。

View this post on Instagram

The Female needs no weapons. She is one. #TheBoysTV

A post shared by The Boys (@theboystv) on

そしてセブンの頂点に君臨するホームランダーは、キャプテン・アメリカとスーパーマンをミックスして邪悪にしたような最強最悪のヒーロー。シーズン1のクライマックスは言葉を失うほど衝撃的な展開だったので、今のうちに完走してシーズン2に備えておくべき!

Amazon Original『ザ・ボーイズ』

『ザ・ボーイズ』はAmazon Prime Videoにてシーズン1配信中

『The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー~ 』

Amazon Original『ティック~運命のスーパーヒーロー~』シーズン2

『ザ・ボーイズ』を観て「マジかよ……」と頭を抱えた後でアフターケア的に観てほしいのが、おそらくコスチュームのカッコ悪さではNo.1のヒーロードラマ、『The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー~ 』(2016~2018年)だ。本作も『ザ・ボーイズ』同様スーパーヒーローが実在することが判明してから長いこと経った世界ではあるのだが、その内容は似て非なるものである。

Amazon Original『ティック~運命のスーパーヒーロー~』シーズン2

本作の主人公は内気な会計士のアーサーで、彼は数十年前に死んだと思われているヴィランの親玉が実は生きているのでは? という疑いを抱いていた。そんな彼の前にちょいちょい現れては何かとお節介を焼こうとするのが、アントマンを100倍キモくしたような姿のヒーロー、ティック。その名の通り、モチーフになっているのは“ダニ”のようだが、青いゴキブリにしか見えない。

Amazon Original『ティック~運命のスーパーヒーロー~』シーズン1

しかし、どうにもティックの発言や存在が怪しいものだから、もしかしてアーサーの妄想の中にだけ現れるイマジナリーフレンドなのでは……? みたいな考えがよぎる。ところが実際に悪人たちをバッタバッタとやっつけ、銃弾も跳ね返す肉体を持っていることをアピールするので、そういうことでもないようだ。どうも力は強いが超アホなティックはアーサーを仲間にしたいようで、拒絶されても何度も絡んでくるのだった。ともあれシーズン1の序盤は全容を掴むのが精一杯なので、何をやっても裏目に出るアーサーのへっぽこぶりと、徐々に明らかになる悪の企みをユルく楽しもう。

Amazon Original『ティック~運命のスーパーヒーロー~』シーズン1

実はティックは2001年にも実写ドラマ化されていて、実写ヒーローの走りとも言える存在。キッズたちの夢を体現する存在の割にヘビーな内容の作品が多い今、世界観ごと笑い飛ばそうとする本作は逆に新鮮だ。

Amazon Original『ティック~運命のスーパーヒーロー~』シーズン2

『The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー~ 』はAmazon Prime Videoにて2シーズン配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • ドラマ
  • 怖くて笑えるスーパーヒーロー換骨奪胎ドラマ! 今のうちに観ておきたいAmazon Prime Video作品『ザ・ボーイズ』&『The Tick/ティック』