『スパイダーマン:スパイダーバース』「誰だってスパイダーマンになれる!」賞レース総なめプロデューサーコンビを直撃!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:小西未来
『スパイダーマン:スパイダーバース』「誰だってスパイダーマンになれる!」賞レース総なめプロデューサーコンビを直撃!
『スパイダーマン:スパイダーバース』
LA在住の映画ライター/映画監督の小西未来が、ハリウッドから映画やドラマの最新情報をお届けする【OH! MY HOLLYWOOD】。仲良しプロデューサー2人が、本作に込めた若者へのメッセージや人気の秘密を語ってくれた。

映像スタイルが革命的!物語のユーモアとハートにも反響が

スパイダーマン初の長編アニメーションにして、 革新的なヴィジュアルが評判を呼び、第76回ゴールデングローブ賞アニメーション作品賞、第91回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した『スパイダーマン:スパイダーバース』。製作総指揮を務めたのは、日本では劇場未公開ながら映画ファンの人気を集めた『21ジャンプストリート』(2012年)や、自由な想像力とユーモアに溢れ、世界中でメガヒットを記録した『LEGO(R)ムービー』(2014年)などの監督コンビとして知られるフィル・ロードとクリス・ミラー。大学時代からの親友だという2人は、『くもりときどきミートボール』(2009年)の長編映画の監督デビューから、数々の話題作を手がけ、今ではハリウッドが最注目するトップクリエイターとなった。そんな新鋭コンビをLA在住の映画ライター/映画監督の小西未来が直撃!

今回お届けするインタビュー映像では、フィル・ロードとクリス・ミラーが『スパイダーマン:スパイダーバース』に込めた若者へのメッセージや、世界中で反響を呼んでいる本作の物語の魅力について語ってくれた。

受賞結果一覧ほか 第91回アカデミー賞

『スパイダーマン:スパイダーバース』

革新的なヴィジュアルのアニメーションとともに、フレッシュなスパイダーマン・ユニバースが誕生する!ニューヨーク・ブルックリンの少年マイルス・モラレスが暮らす世界には、スパイダーマンのマスクをかぶることができるのは一人だけではない。無限の可能性が秘められた<スパイダーバース>が存在していた。

制作年: 2018
監督:
脚本:
声の出演:
吹き替え:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 「僕らにとって最後のマーベル映画で、壮大な実験だった」『アベンジャーズ/エンドゲーム』監督を直撃!