神谷浩史&島﨑信長 登壇! Netflixアニメ新作発表会で『斉木楠雄』原作者をイジりたおす⁉『攻殻』ほか注目作も発表

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
神谷浩史&島﨑信長 登壇! Netflixアニメ新作発表会で『斉木楠雄』原作者をイジりたおす⁉『攻殻』ほか注目作も発表
「Netflixアニメ ラインナップ発表会 2019-2020」神谷浩史、島﨑信長

Netflixが今後新たに展開していくアニメ作品を紹介するイベント「Netflixアニメラインナップ発表会2019-2020」が2019年10月23日、都内で開催。ゲストとして声優の神谷浩史と島﨑信長が登壇し、爆笑トークを繰り広げた。

「Netflixアニメ ラインナップ発表会 2019-2020」神谷浩史(左)、島﨑信長(右)

「何やってんだよって話ですよ!(笑)」神谷と島﨑が『斉木楠雄』原作者をイジり倒し!?

『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』© 麻生周一/集英社・PK学園R

『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』(2019年12月30日より全6話 全世界独占配信)で主人公の斉木楠雄を演じる神谷と、『Levius』(2019年11月28日より全12話 全世界独占配信)で主人公のレビウス=クロムウェルを演じる島﨑。

『斉木楠雄のΨ難』はTVアニメとして放送され人気を博した作品だが、神谷は「ギャグアニメに“爆笑サイキックコメディ”って冠するのは、ほんとハードル高くなるから絶対にやめてほしいやつですよね(笑)」とツッコみつつ、爆笑間違いなしと太鼓判。島﨑と共に実際のエピソードを交えてアフレコ苦労話などを披露し、会場の笑いを誘った。

『斉木楠雄のΨ難』原作者の麻生周一氏の結婚報道に話題が及ぶと、神谷は「いやぁ、びっくりじゃないですか。だって、もともと(でんぱ組.incの古川未鈴の)ファンだったんでしょ? 何やってんだよって話ですよ(笑)」とイジりモードが発動。でんぱ組.incが<ジャンプフェスタ>でパフォーマンスを行った際に麻生氏も来場していたそうで、「ああ、でんぱ組が来てるからだね。俺らは関係ないんでしょ? と思って。そしたらほんと、マジ関係なかったんですよ!」と裏話まで暴露し、会場の爆笑を誘った。

「Netflixアニメ ラインナップ発表会 2019-2020」神谷浩史(左)、島﨑信長(右)

一方、島﨑は「おめでたいなぁって、素直に思いましたね」と祝福し、『斉木楠雄~』という作品から醸し出される麻生氏の心根の優しさが古川さんに響いたのでは? とフォロー。しかし神谷は「そっか、そういうの(優しさ)あるんだ、そっか(笑)」「麻生先生には次回作で、ぜひアイドルものを描いていただきたいですね」と徹底して麻生氏をイジり倒し、原作者と声優との良好な関係を窺わせた。

右腕を失った少年が人体に機械を融合させて戦う“機関拳闘”で才能を開花させる『Levius』

© 中田春彌/集英社 ポリゴン・ピクチュアズ

そんな『斉木楠雄のΨ難』とは「真逆の作風」と紹介されたのが、島﨑が主演する『Levius』。島﨑が演じる若き美しき拳闘士・レビウスが運命を切り開く闘いに挑むバトルアクションだ。

© 中田春彌/集英社 ポリゴン・ピクチュアズ

「すごくカッコいい作品。絵にもお話にも魅せられた」と第一印象を語った島﨑は、シリアスで悲壮感漂うあらすじとは裏腹に、キャラクター同士の関係性については「とても暖かさを感じる。前向きになれる」と絶賛。

また、バトル描写の激しさやリアルさにも言及し、想像以上に動きまくるキャラクターや躍動感のあるアングルなど、アクションアニメとしての見どころについても熱っぽく語った。

「Netflixアニメ ラインナップ発表会 2019-2020」神谷浩史(左)、島﨑信長(右)

『攻殻』『日本沈没2020』……アニメ注目作品が続々配信開始!

『攻殻機動隊 SAC_2045』

同イベントでは他にも、カンヌ映画祭批評家週間でアニメ作品として初のグランプリを、アヌシー国際アニメーション映画祭2019で最高賞のクリスタル賞と観客賞をW受賞した仏産アニメ『失くした体』(2019年11月29日 独占配信開始)を紹介。そしてシリーズ初のフル3DCGで制作された『攻殻機動隊 SAC_2045』(2020年春 全世界独占配信)のティザー映像も解禁。

さらに過去2回実写映画化された小松左京の原作小説を『DEVILMAN crybaby』の湯浅政明監督がアニメ化した『日本沈没2020』(2020年 全世界独占配信)、豪華クリエイター陣が集結したSFファンタジー『エデン』(2020年秋 全世界独占配信)、すでに配信済みのドラマ版のアニメ化作品『オルタード・カーボン:リスリーブド』(2020年春 全世界独占配信)などなど、錚々たるラインナップが発表された。

Netflixコンテンツ部門のクリエイティブ・プロデューサーを務める櫻井大樹氏から、これまでの取り組み、クリエイター育成などを含む展開や今後の展望、海外の映画祭への出展などについても説明された、今回の発表会。2018年7月からNetflix公式Twitterで発足されたライブ配信シリーズ<#ネトフリアニメ部>は視聴者数130万人を記録するなど、日本発のNetflixオリジナルアニメ作品には大きな期待が寄せられている。ちょっとサボるとすぐに追いつけなくなりそうな豪華ラインナップなので、配信順にしっかり追いかけていきたいところだ。

『日本沈没2020』©“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

Netflixオリジナルアニメシリーズ『エデン』

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • アニメ
  • 神谷浩史&島﨑信長 登壇! Netflixアニメ新作発表会で『斉木楠雄』原作者をイジりたおす⁉『攻殻』ほか注目作も発表